テーマ:食えばわかる

困った時の〇〇頼り

かつて、文士が随筆を連載して、ネタに困ったとき、『病気ネタ』を使ったという。 死に至るような深刻な病気ではまずいが、ちょっとした、誰もが悩んでいるような病気に悩まされていることを題材に随筆を書くと、読者は確実に喜んでくれる。これを、『困ったときの病気頼り』と言ったそうだ。 毎日、ブログやFacebookを書いていて、ネタに困るこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝カレー2012.6.18

今日のカレーは、新宿中村屋の『技あり仕込ビーフカリー』。言うまでもなく、辛口である。 中村屋のホームページによると、大正4年に、インド独立運動の志士 ラス・ビハリ・ボースをかくまったのが縁で、本格インドカレーを売り出し、名物となったとのこと。 そこが、出しているレトルトカレーの実力は。 まず、パッケージの見事さ。色遣いが卓越し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海老味噌ラーメンにくびったけ2

海老味噌ラーメンと食べ歩くきっかけとなった、神保町可以(千代田区神田神保町2-2-12)に再び行ってみた。 二回目なので迷うことは無かったが、大きな看板も暖簾もなく、内部が薄暗い方っぽいライトで照らされているガラス張りの店は、とてもラーメン屋とは思えない。 今回は、2種類のつけ汁が注文できる2色つけ麺 850円を選択。例によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海老味噌ラーメンにくびったけ1

事の始まりは2週間ほど前。 ふらっと入った、神保町可以というラーメン屋さん。小さな間口のビルの店は、うっかり通り過ぎてしまうくらい目立たない。そこで注文した海老味噌(要するに海老の肝臓ですね。決して脳みそではありません)をつかったつけ麺があまりにも絶品だったので、『よーし、東京の海老味噌つけ麺を制覇して、海老味噌つけ麺評論家になるぞ』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マヨラーあつまれぇ

あの、カネハツ食品の絶品、マヨラーには「たんまりましぇーん」の一品 『マヨわかめサラダ』がリニューアルしていたようです。 Dr.OKは10年以上前からのファンで、一回に一袋食べてしまうくらいの大ファン。 シャキシャキのわかめ、からしがほのかに香るマヨネーズ。 何度か、自分で作成しようと挑戦し、塩蔵わかめを細く刻むのですが、残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクア・パッツア

Facebookで『お友達』に刺激れ、アクア・パッツアを作ってみました。 まずは主役のメバルはスーパーで購入したもの。 さばいて、うろこもきれいに取ってもらってある。 自宅のキッチンで魚をさばいて、うろこでも残そうものなら、同居人の人の逆鱗に触れキッチン出入り禁止になるので、ここはいくら外科医としてメスさばきを披露したくても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喰いしんboyの早朝料理

小さいころ、夕食の時間になると、強烈に空腹感を感じた。 おなかが鳴るなんて、生易しいものではない。泣きたくなるくらいの強い空腹感である。 夕飯の時間になっても、支度が遅れているときなんて、空腹を紛らせるために三輪車で町内一周をして、気をまぎれさせたものだ。 今朝、久々に空腹感とともに目が覚めた。 どうしても、とっても辛いカレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーヤチャンプルーとトムヤムクン

突然、非日常的なものが食べたくなることがある。 そんな時、もっとも多くDr.OKが作るのは、ゴーヤ・チャンプルーとトムヤムクン。 どちらも、野菜炒めと味噌汁を作る能力があれば簡単にできる。 まず、ゴーヤ・チャンプルー。 チャンプルーは、沖縄方言で「ごちゃ混ぜ」の意味なので、ゴーヤを主体に、ありあわせの肉野菜をいためれば完成。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

牛テールの煮込み

子供の時親しんだ味というのは、大人になっても懐かしものだ。 先日、父親が鹿児島県出身のK先生が、 「先生、『せんじ』っていう調味料知ってますか、みそ汁なんかに箸の先にちょいとつけて入れると、鰹の香りでいっぱいになるんですよ。親父が大好きで、なんにでも入れていたんですよ」 という話を聞いて、Dr.OKが『お父ちゃま』から受け継いだ味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

減量大作戦4

今日は、朝から反省の日。 昨日の当直(日中だけだけど)、医局にあったおせんべいを食べたのは、私です。 当直が終わった解放感から、帰り道にある『銚子丸』がおいでおいでをして、 「さあさ旦那、良いネタが入ってまっせ。今ならすいてまっせ」 と言ったか言わんか知らんが、ハンドルを左に切って突入した午後5時20分 目の前に流れる、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便利グッズ

上の写真。何に使うものでしょう。 実は、Amazon.co.jpで見つけたレトルトパック用のトング。 説明書によれば 『「レトルトパック用トング AL-89」は、レトルト食品パックを熱いお湯から取り出す調理にお使いいただくと大変便利なトングです。熱湯から取り出し、切り口をハサミで切れば、そのまま注げます。』 とあり、価格…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パクチー大好き

今日は久しぶりに、アジアン料理くま★さんで昼食をとった。 カレーがDr.OKの定番だが、嗜好を変えてベトナム料理のフォーにした。 トムヤムクン味のスープに米麺のフォーが泳ぎ、春菊とパクチーがいっぱいのヘルシーな一品。 トムヤムクンの辛さに、パクチーの不思議な香りが絶妙にマッチしていた。 パクチーをはじめに食べたときは、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンボ&オイスターバー

昨日、久々に中学校の同級生「ごきげんようO君」と一緒に、八重洲地下の『ガンボ&オイスターバー』へ行った。 http://www.yaechika.com/shop_detail/sp182/sp182.html 名前の如く、牡蠣の専門店。 生牡蠣や、牡蠣フライを堪能したあとに〆に頼んだのが、ガンボ。 ガンボ(Gumb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キムチでお通じ効果

肛門科医師の仲間で配信されているファックス情報で、『キムチを食べればお通じ快調』という見出しの新聞記事が送られてきた。 「キムチに排便を促す効果があるという女子大生を対象にした実験結果を、桃屋研究所(埼玉県春日部市)の吉田睦子研究課長らが15日までにまとめた。」とのこと。 「トウガラシの中に含まれているカプサシンに腸を刺激する作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーヤの塩もみ

キュウリの塩もみが好きなので、よく作って食べる。 料理といっても、スライサーで薄く切って塩を振り、10分ほどしてから力任せに絞ってツナ缶を投入し、マヨネーズで和えるだけ。 このところ買ったキュウリが、立て続けにハズレであった。 身の部分が、なんだかスポンジみたい。 子どもの頃に食べていた、種の周りがみずみずしいキュウリにとん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

収穫の日

20cmを越えた十六ささげ。 長いものから5本、キッチンバサミで刈り取って、気持ちの上では『大収穫祭』 しゅるしゅる沸いている鍋に、長い鞘を丸めて浸す。 熱が均一に行き届くように、最新の注意を払いながら熱湯の中を泳がせる。 茹で過ぎないように注意して、早いうちにザルにあけ、冷たい水で冷やす。 まな板にそろえて、5センチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中華そば

Dr.OKが小学生の頃、知多半島の田舎町で暮らしていた。 歩いていける範囲にある食べ物やさんは、駅前に一軒だけある寿司屋さん。 つつましい生活をしていたからなのか、そこで物を食べた記憶はない。 名古屋のおばさんの家に遊びに行くと、決まって「中華そば」の出前を取ってもらえた。 麺類といえば、きしめん、うどん、ひやむぎ、そうめん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三段バラ肉

韓国レストランが軒を連ねる大久保通り。 ふと目がとまった電光看板の文字。 「黒豚3段バラ」 3段バラってこれの事? よくよく看板を見ると、どうも3段に脂身が挟まれているようなバラ肉の焼肉のようだ。 『三枚肉』とか『バラ肉』というのは、昔からなじみのある日本語だが、『3段バラ肉』というのは聞きなれない語感だ。 ひょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボージョレーの夜

学会総会で雑用係を勤めたご褒美に、会長から慰労会の招待があった。 正装で参加とのことだったので、大腸肛門病センター医局員全員、慣れないスーツ姿で集合した。 「慰労会なんだから、普通の格好でいいんじゃないのー」 予想に反し、ドローイングルームのゴージャスな雰囲気の圧倒されてしまった。 7時半からの予定が、手術が終わらないチー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バケツプリン

子供の視線を一心に浴びているのが、その名も「バケツプリン」 むか~ぁし、漫画『 Dr.スランプ』の中で則巻千兵衛さんが食べていた「バケツラーメン」というのがありましたが「バケツプリン」が実際に存在してるとは知らなんだーぁ! 子供の夢、バケツプリン。 あっという間の出来事でした。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東京下町情緒

ゴルフ仲間の集まる、東京足立区の下町。 元本職のコバヤシさんのつくるお好み焼き。 電話一本で、次々と参加者が増えていく。 周りには、幼馴染や顔見知りがいっぱい。 何処へ行っても、知り合いに声をかけられる。 お祭りや花火大会、ご町内のイベント目白押し。 人生の喜怒哀楽も、共に楽しみ、共に哀しむ人がいる。 引越し6回…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オックステール

Dr.OKが子供時代にすごした知多半島の田舎町の隣に半田市はあった。 東京の人にはあまりなじみのない(というか、無名に近い)町だが、ミツカンの本社もある古くから醸造業が盛んな町である。 まだ小学校にも上がっていなかった頃、父親とその仕事仲間と一緒に半田にあるオックステールという店に連れて行かれた記憶がある。 牛のテール(尻尾)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウサギ追いしかの山

田畑をぬって伸びる曲がりくねった農道。 その途中にぽつんと「うさぎや」はあった。 まだ春早い季節、日差しは眩しいばかりなのに、北風が冷たい。 土間から上がった2畳ほどの『座敷』では、長火鉢の鉄瓶がシュンシュンと音を立てるだけで誰もいない。 「ごめんくださいー」 と声をかけると、奥からおじさんが出てくる。 「うさぎや」とい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タバコの煙が目にしみる

ジコチューな非喫煙者の戯言と言われそうですけど、ホントの話。 10年ほど前は、世の中まだまだそれほど喫煙にはうるさくなく、病院内でも医局や病棟の休憩室などではタバコが吸われていました。 Dr.OKも本来喫煙者ではないのですが、立派な「受動喫煙者」 隣でタバコを吸われても、 「別にぃ~」 という態度で接する事ができました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

わかめサラダ

名古屋にいた頃(平成元年以前)からの大好物。 輝け!名古屋が誇る日本の味大賞に推薦したいくらい。 東京に来てからはお目にかかれず、わかめを刻んでは辛子マヨネーズ和えにしてみても、イマイチ。 それがつい先日、中野の東急ストアや高円寺商店街で売られていることを発見。 これと、温かご飯(パックご飯でも可)さえあれば、何もいり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きいみかん

グレープフルーツのことを「大きいみかん」と呼んでいる。 二つに切ってスプーンで食べるなんて事はしない。 力まかせにみかんの如く皮をむき、蜜柑の如く袋のままバクバクと食べる。 これをやっていると確実に体重が増えるから、困ったものσ(^◇^;). 写真は、始めて食べた「河内晩柑」 同じく手でむいて食べてみた。 グレープフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋名物

「味噌カツの旨い店知ってる」 私が名古屋出身だと言うと、よく聞かれる質問。 いつから味噌カツが一般的になったのか知りませんが、私は食べたことがありません。 大学の隣にある鶴舞公園の茶店の名物、木の芽田楽に八丁味噌で作った甘味噌を付けて食べましたけど・・・ 名古屋の名物として、自身をもってお勧めなのは和菓子。 美濃忠の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラムチリ

久しぶりに趣味の料理をした。 例によって、朝から仕込みを入れて一日中かけて作るようなものではない。 先日、いつもの用にラム肉を炒めて食べていると、隣で息子がエビチリを食べていた。 とっさに2,3尾失敬して、エビチリのソースと一緒にラム肉を食べた。 「んまい」 これはいけると思って、早速挑戦! ①ゴマ油小さじ1を熱し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more