テーマ:ゴルフ

高速大渋滞

昨日は、栃木のゴルフ場に行ってきました。 高速料金が安くなったので、道も混むかと注意して5時半に出発したのに、しっかり渋滞にはまって、100kmさきのゴルフ場についたのが、なんと8時15分。 スタートの7分前であせることあせること。 「ゆっくり練習してからラウンドを」と思っていたものが、ぶっつけホンバン。 空振りでスタートし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう『ゴロフ』とは言わせない

昨日、寒風吹きすさぶ中、親友のO君とゴルフの練習に河川敷へ行った。 それまでのDr.OKのスイング、なぜかトップ気味でゴロになってしまう。 そこでO君のアドバイス。 手首の返しを我慢して、くりっとまわせば揚がりますよ。 それまで、フルスイングばかりしていたものだから、命中率が悪くいつもトップ気味だったのだが、五十肩のせい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフ再開

昨年夏から、腕が上がらなくなり自分の歳を考えると、どうも50肩のようだ。 痛いときはとにかく安静を守っていたら、最近は半分くらい挙げられるようになった。 このところのポカポカ陽気に誘われて、練習再開しました。 今日行ったのは、知る人ぞ知る河川敷の練習場。 はるか彼方に300Yの表示がありその奥にネットが張ってある。 朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロの一言

「斜め右前の窓を狙ってスイングしてください」 小さなゴルフ練習場のネットに隣接するビルの窓は、斜め30度くらい右に寄っている。 ハーフスイングで窓めがけて打ったつもりが、球はまっすぐ、それも今までに経験した事のない高軌道で飛んでいった。 今まであれだけ練習してもできなかった事が、プロの一言で見事解決。 一ヶ月の間、Dr.OK…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

下方修正

「スイングを矯正している間は、当たらなくなりますけど、我慢して練習してください」 という忠告を受けてレッスンプロについてから、はや1ヶ月を超えた。 毎回行くごとに、一つ一つ欠点を直されている。 最初の1,2週は良かったのだが、修正部分が積み重なって苦労の連続。 それでも 「ずいぶんゴルフらしいスイングになってきましたよ」 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

20点スイングその後

グリップを直して手首をやわらかくかまえたら、なんのことも無く球が揚がるようになった。それの伴って新たに生じた難問はスライス。 練習を始めた当時、あれだけ治らなかったフック病は全く影を潜めている。 「ゴルフクラブを慣性モーメントが大きなものに変えたからですよ」 とレッスンプロが解説してくれた。 慣性モーメントが大きいのでクラブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイング20点打球60点

先週からレッスンを始めたゴルフスクールの先生の評価である。 「極端なハンドファーストになってますね」 クラブヘッドより握っている手が先行するものだから、高く上がらないのは当然である。 「ボールと、グリップと、体の中心が真正面でそろうようにかまえて、クラブ軽く振ってみてください」 いわれるとおりに振ってみると、いとも簡単に球が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揚がらないドライバー

ゴルフを始めて、はや10ヶ月。 Dr.OKの性格上、あちこちでゴルフの話を吹聴するものだから、あちこちからコンペのお誘いが舞い込む。 腕前といったら、熱心に練習している割に上達の兆しがない。 初めて3ヶ月で、初めてまわったスコアが153だったので、この記録は更新しなければと気持ちは焦る。 そのときは、アイアンしか練習していな…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

レッスン再開

夏の間中断していた、ゴルフレッスンを再開した。 今まで通っていたスクールで習っていた先生が辞めてしまったので、心機一転、職場から通いやすいところに変えた。 新しいスクールの売りは、「個性に合った指導をする」とのこと。 首に故障の出るDr.OKにとっては、これも考慮に入れてもらえることを期待して、体験レッスンを申し込んだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

修行ゴルフの一日

半年ぶりに、ゴルフコースに立った。 大学の同級生が誘ってくれたコンペである。 名古屋まで、新幹線に乗って参加した。 夏の勢いで延びきった芝生。 ラフに打ち込むと球が完全に沈んでしまう。 脱出するのに、一打、二打、時に三打。 あっという間に、二桁のスコアが並ぶ。 シングルの腕前の同窓生たちは、辛抱強く待っていてくれる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パーゴルフ

このところ、必ずかって読む雑誌がある。 『パーゴルフ』 超有名な、ゴルフ雑誌だ。 4月からクリニックの仕事になって以来、定期的にゴルフスクールに通えなくなってしまった。 毎朝の練習を続けるのはやぶさかではないが、さすがに朝7時からゴルフを教えてくれる先生はいない。 雑誌の記事を参考にしながら、悩み悩み練習するが、いっこうに…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ ゴルファーに朗報!?

ジオン注射治療をして二週間目のOさん(58歳) 注射直後はちょっと腫れたが(臨床試験のデータでも2割に腫れがみられる)、それも一週間ほどでひき、今では痛くもなんともないとの事。 「注射翌日から、痔が出なかったのが嬉しかったですね」 と、嬉しそうに感想をおっしゃる。 「先生、もう運動してもいいですか?」 「どんな運動ですか」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わずかな進歩

「夏のゴルフは早朝に限る。」 と経験者のアドバイスに従って、7時半にコース集合。 昨日も朝からかんかん照り。 あんなに待ち望んでいたお日様も 「ちょっと勘弁して」 と言いたくなるくらい元気が良かった。 脱水にならないように、スタート前にペットボトルの一気飲み。 ショートコースだが、手押しのカートを引いて歩き回るので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフクリニック

少しずつだが、上達するのを楽しみに練習を続けている。 ただ、このところ、レッスンを受ける機会がぐっと減った。 仕事が遅くなって間に合わないのも一つだが、指導内容がいささか合わなくなった事もある。 レッスンのたびに言われるのは、体のねじれを十分使ってスイングする事。 「テイクバックの時には、目標に背中が向くように体をねじって」…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

シングルドクター

といっても、お見合いパーティー常連の独身医師の話ではない。 先日、ゴルフ好きの先輩と話をした。 「どうだいオクダ君、少しは当たるようになったかい?」 「いやぁ、なかなか難しいものですね。でもやるからには、シングル目指しますっ」 と遠大な目標を披露したところ、 「でもね、アメリカでは『シングルのドクターは主治医にしないほうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートコース

先日、自分で作ったゴルフサークルの友人と、調布のショートコースに行ってきた。 あいにくの小雨模様であったが、スタートの頃にはやんで 「日ごろの行いがいいから」 と型どおりの冗談を言いながらスタート。 ショートコースだとばかり思っていたら、300Yを超えるホールが二つも。 いつも狭い練習場でショートアイアンの練習ばかりやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフサークル

50歳にして突然始めたゴルフ。 悲しい事に、ゴルフ仲間がいないので、ラウンドに出る事ができない。 毎日1人で練習するのも楽しいけど、このままじゃ『練習場の王者』になってしまう。 大学生の頃、その当事大流行していたテニスを初めた。 ボルグやマッケンローが活躍していた時代である。 壁打ちにも飽きてコートで練習したくなったが、普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術の進歩

Dr.OKが医学生の頃、その当事50歳くらいの開業医の先輩にご馳走になった事がある。 食事をしながら四方山話をしている中、話題になったのは車の話。 開業医というと、ピカピカの高級外車に乗っているというイメージが付きまとうが、その先生は車については比較的淡白。 「つい最近まで、フォルクスワーゲンを10年以上乗っていた」とのことであっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

続 自分らしけりゃ・・

教科書どおりのスイングで肘が痛くなったので、いつもの先生の指導を受けた。 まず修正が入ったのが肘の関節の遊び。 右手をかぶせ気味のグリップにしたことで、左肘にも力が入って遊びがなくなっているとの事。 「右手も気持ちよく握れる位置で大丈夫。無理にかぶせる事はない」 との一言で安心した。 スタンスについても、広めで問題なし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分らしけりゃ・・・

毎朝欠かさず、ゴルフクラブを振り回している。 このところ、左肘の痛みがとれない。 ことの起こりは、2週間ほど前・・・ いつものインストラクターの先生がお休みだったので、若い先生に指導をお願いした。 スイングを見るなり 「グリップの右手はもとかぶせて、人差し指は曲げる」 「スタンスは肩幅、背筋をもっと伸ばして」 「スイン…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

上達したければ

先日、ゴルフ関係のブログをながめていたら『技術を保ちたければ週一回の練習、上達したければ毎日練習』という一文が目に飛び込んできた。 『我が意を得たり』と思わずひざをたたいたら、故狐狸庵先生みたい(^_^;) Dr.OKが始めて大腸内視鏡を手にした15年以上昔の事。 毎日内視鏡室に行く事が苦痛だった。 その頃の内視鏡室には、先…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

打ち放題1200円

おひさしぶりです。 5番ウッドの奥田です。 コースデビューを果たして、次の目標はドライバー。 やはりティーグラウンドでアイアンはむなしい。 カキーーーンという、快音で始まりたい。 そんな贅沢な希望をコーチに話したら、進められたのが5番ウッド。 「これが使いこなせたら、ドライバーも簡単だし、5番ウッドが大きな武器になります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一休さんゴルフ

おだやかに晴れあがった絶好のゴルフ日和に恵まれ、コースデビュー。 予定通り、7番アイアンで刻みのゴルフをしてきました。 皆がティーショットをドライバーで飛ばす距離を、2打から3打。 時には、はじめからOBとなって4打5打。 でもでも、「きにしない~、きにしない~、きにしない~っ♪」 噂には聞いていましたが、芝の上で打つ感覚…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

静かな朝

今日はコースデビューの日。 場所は、宇都宮インターからすぐそばの、ゴルフ場だ。 スタートが8時半とのとこで、東京から皆で集まってのバスに乗ろうと思うと、家を4時半に出ないと間に合わないことがわかった。 「体調管理も実力のうち」という考え方で生きているDr.OKは、前日から宇都宮に泊まっている。 宇都宮駅前のホテルからは、駅の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

銀のゴルフ

コースデビューまで一週間を切って、練習に余念のないDr.OKです。 朝練に夜練、寝る前にはイメージトレーニングの読書。 それで最近はまっているのが、『銀のゴルフ』 日本アマチュア選手権に6度優勝の偉業を持つ、中部銀次郎さんの漫画だ。 いわゆるレッスン書ではなく、ゴルフというゲームに勝つための考え方が述べられている。 ナ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

アイアンマン

といっても、トライアスロンやハンマー投げをやる話ではありません。 アイアンしか使えない7番アイアン改め、5番アイアンのDr.OKです。 コースデビューまで2週間あまりに迫ったある日、コーチと相談。 「当たらないドライバーを振り回すより、確実に前に刻んだほうが良い」 との結論に達しました。 練習場のマットの上でも、確実には当…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

首にキタ━━(;´Д`)━━!!!

左肩甲骨内側の痛みが取れないので、整形外科のママダ先生に診てもらった。 いつもと変わらない、説得力のある声で 「首からきている痛みですよ。レントゲンを撮りましょう」 正面、側面、左右斜めからのレントゲン写真を撮って、もう一度お話を聞く。 「首の骨の隙間が狭くなっていますね。これが神経を刺激してるんです」 「どうして狭くなっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仕事でなくても休めない

7番アイアンとドライバーのDr.OKです。 コースデビューが一ヵ月後に迫って、「とりあえず皆についていかなくちゃ」と練習に熱が入ります。 球の前方の芝刈りをするように、パチンと当てる技術は身についてのですが、どうもそのときの衝撃が背中に来るらしい。 左肩甲骨の内側の鈍い痛みが取れない。 まだまだ、初心者なので、わずかな体…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ドライバーに昇格

ようやく7番アイアンで球が揚がるようになった。 基本からみっちりやったおかげか、一度揚がりだすと安定してまっすぐ飛ぶのがうれしい。 当初は、7番アイアンでティーショットも打とうかと思っていたが、こうなってしまうと打ってみたいのがドライバー。 練習場で顔見知りになった常連の皆様たちが「カキーーーン」と快音をあげているのを見てると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

玉羊羹打法

あいかわらず7番アイアン奥田です。 フック病は、右グリップをゆるゆるに握る事で克服。 球をヒットすると同時に右手が離れてしまうので、コーチに 「プロゴルファーみたいなスイングですねー」 とひやかされている。 新たな課題はトップ病。 球が揚がるどころか、激しくドライブがかかって2階席から地面めがけて落ちていく。 *円軌道…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more