テーマ:ジオン

★★ジオンニュース★★ 発熱の副作用

ジオンの副作用に発熱があります。 臨床試験のデータでは7%に生じ、注射してから一週間くらいたって突然38℃を超える熱が出ると報告されている。 私の患者さんでも、ついに発熱の副作用が出た。 患者さんは30歳代の女性。 3箇所にジオンの注射をして、手術翌日から全く痛みもなく、脱出症状も消失して 「今回も、うまくいった」 と安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 痛みの評価

ジオンを選択する一つの理由に、手術ほど痛くないということがあると思います。 かつてホワイトヘッド手術という、痔核のできる部分を管状に切除して直腸の粘膜と肛門の皮膚を縫い合わせる手術が主流だった時代には 「三日三晩、痛みで脂汗を流した」 なんて噂も聞かれましたが、最近の結紮切除手術ではそのようなことはありません。 しかし、やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 注射後一ヶ月診察

ジオンを注射して一ヶ月目の診察のために患者さん来院。 出血、痛みなどの自覚症状なし。 診察してみると、注射部位は前回の「こんにゃく」の硬さよりさらに硬くなり、幾分小さくなっていた。 注射部位を圧迫しても痛みや違和感はない。 注射前にあった排便時の脱出は全く生じなくなり、患者さんも 「何だか不思議な気分」 との事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 症状詳記

社会保険診療の病院は、治療費の一部を患者さんに病院で支払ってもらい、その後、月ごとに残りの治療費は社会保険診療報酬支払基金に請求して、審査を受けたのちに支払われるシステムです。 そこで問題になるのが査定。 社会保険診療報酬支払基金の審査員に「行った治療が妥当ではない」と判断されると、請求がばっさりと切られます(これを『査定される』と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ アンケート調査

今までは 「脱出する痔核の場合、入院手術をするか、我慢してつきあうか、どちらかしかないんですよね。」 と、説明すると、 「一週間も仕事を休んだら、席が無くなってしまう」 とか 「押し込めば何とかなるので、我慢します」 という返事も結構多かった。 その点、ジオンは「短期入院痛みなし」というのが、最大の売り。 ただ、臨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 2週間目の経過

ジオンの注射をして、2週間目の患者さんが来院した。 入院中、注射の翌日に診察した時には、母指頭大(親指の第一関節までの大きさ)であったのが、示指頭大(人差し指の第一関節までの大きさ)まで縮小。 指で触った感触は、コンニャクよりやや固い程度。 外痔核はもともとないので、外からは全く正常の肛門としか見えない。 肛門鏡で観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 11日目のジョギング

患者さんから報告メール。 注射後11日目にジョギングまじりのウォーキングをして、異常ないとのこと。 痔核の手術をした場合、術後2週間くらいは突然大出血することがあります。 一週間で退院しても、「できればもう一週間くらいは安静にして下さい」と患者さんにはお願いしていることと比べると、早期社会復帰の点ではジオンが圧倒的に有利だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 職場復帰

患者さんからの報告あり。 ジオンを水曜日に注射したので翌週月曜日から職場復帰し、その後一週間異常なし。 心配していた注射後の発熱の副作用(発現率7%)も大丈夫だったようだ。 今まで痔核が脱出(脱肛)して生活に不便を感じる多くの患者さんは、手術して『けりをつける』か『我慢して痔核と付き合っていく』かの選択をせまられていました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 採用病院情報

注射で痔を治す薬ジオン。 3月23日に発売されたものの、医者であれば誰でもが使えるものではありません。 「内痔核治療研究会」で注射方法の講習会を受講した医師のみに販売されるシステムとなっています。 それでは、「いったいどこでジオンの治療が受けられるのか」という事になるのですが・・・ お待たせいたしました。 内痔核治療法研…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 注射後一週間

患者さんから、電子メールで報告。 痛み、出血、発熱などの副作用はなかったとのこと。 「排便の際、長年の友であった痔核に触れることがなくなり、不思議な感じ」 とのこと。 それにしても、第一例の患者さんが電子メールで報告してくれるので、心配症の主治医としては安心この上もない。 昔ビデオで見た『ドクター』という映画。 主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 患者さんからのメール

4日前にジオン注射を行った患者さんから、経過報告のメールが届いた。 痛み、出血、発熱などの副作用はなく、明日から職場復帰するとのこと。 今までの、手術治療では考えられないことです。 仮に、日帰りで手術を行ったとしても、手術の傷が完治するには最低でも一ヶ月はかかり、その間少量の出血や痛みは避けられません。 折りも折、他の病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 注射二日目異常なし

ジオンの注射を行って二日目、始めて便が出た。 患者さんの感想は、 「わずかに鈍痛を感じるものの、脱出は無くなった」 当初の目的は達成した模様。 試しに指を入れて診察してみた。 通常、痔核は水を吸った柔らかいスポンジのようなもので、触診では殆どわからない。 注射した痔核は硬化し、ちょうどコンニャクくらいの硬さ。 直腸の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 初挑戦

手術手技料や、手術数の問題で遅れに遅れていたジオンの施行、本日初挑戦。 初挑戦といっても、臨床試験のときに経験はあるのですが、やはり全く新しい方法だということで緊張しました。 痔の注射だからといって 「はい、おしり出して。ちぅぅー」 というわけではありません。 手術と同じく、手術室で腰椎麻酔をかけて、肛門括約筋が緩んだ状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大病院のユウウツ

友人の八子直樹先生@福島市八子医院から「ジオン第一例施行」のメールが届きました。 経過は順調の様子。 それにひきかえ、社会保険中央総合病院といえば・・・ 患者さんから 「ジオンの注射治療は始めたか」 との問い合わせたしばしばあるにも関わらず、いまだ開始予定日がはっきりしない。 新しい薬を購入するにあたって『薬事委員会』…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 正確な注射量

ジオンは、痔核の組織を硬くして固定することで、脱出する痔核を治療することができます。 従って、注射部位や注射量を適切に行う必要があり、さもないと直腸の狭窄を生じるなどの重篤な後遺症を残す危険性もあります。 そのため、ジオンの注射は、四段階注射法という方法で、痔核の部位別に4ヶ所にわけて注射し、薬の量も部位によって正確に注射する必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 深読み再発率

平成16年8月19日にスズケンDIアワーというラジオ番組で公開されたジオンの効果に関するデータでは 28日後の脱出の消失率はOC-108投与群では94%(75/80例) 一年後の再発率はOC-108(ジオン)投与群73例中12例(16%) という表現がしてありましたが、今年の三月に製薬会社から発行された【総合製品情報概要】にこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 社保中採用決定

社会保険中央総合病院でジオンの採用が決定されました。 これで、私も沖縄まで行って(どちらかというと嬉しかったけど)講習会に参加し受講証を手に入れたかいがあったというものです。 なんといっても、このジオン、講習会に参加した医師にしか販売されない貴重な薬で、今のところ第一回の講習会に参加した約60人の医師しか使えないわけですから。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ ジオン軍参戦<東京南青山発

社会保険中央総合病院での使用開始に手間取っているうちに、私が懇意にしている平田肛門科医院でジオンによる治療を始めることになりました。 おそらく、東京都内では始めての使用になると思われます。 平田肛門科医院は、現院長で三代目にあたる「痔」では伝統のある医療機関。 「痔を切らずに治す」がモットーで、安易に手術に頼らず「患者さんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 実施遅れる

4月2日のジオン講習会@OKINAWAからすでに一週間が過ぎました。 私のところにも 「ジオンはいつから使用開始ですか?」 という質問メールがちらほら来ますが、私の勤務している社会保険中央総合病院ではいまだにゴーサインがでません。 薬の値段が決まったにも関わらず、肝心の『技術料』が決まっていないことにその原因があるようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥&奥田

本日、沖縄で第一回の「四段階注射法講習会」が行われました。 大腸肛門病学会でお目にかかる、そうそうたるメンバー約60人が参加し、諸先輩方の活発な質疑応答に自分の順番は回ってこなくて残念!! 講習会の後のパーティーで、沖縄県知事稲嶺惠一さんが挨拶をされ、 「薬の開発なんて、絶対に損をするからやめろ」 と多くの人たちから反対さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめてのおきなわ

「明日ー私はー旅に出まぁすぅー、春爛漫のーぉ沖縄へー♪」 と思っていたのですが、天気予報は雨。 第一回目の『ジオン注 四段階注射法講習会』に参加します。 ホームページを作っていたので、予習はばっちり(^_-)-☆ このジオンという薬、適応をしっかり定めて、正確に注射しなくては効果が十分でないとのこと。 消痔霊開発者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 合併症と再発率

手術するくらいな死んだほうがまし・・・ 痔の手術というと、 「痛くて痛くて、三日三晩脂汗をながした」 とか 「トイレに行くたびに、血がたくさん出て貧血になりそうだった」 というような噂を耳にすることがあります。 もちろん切るのですから、全く痛くないわけではありませんし、血だって出ます。 でも、これは余りにも大げさ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 副作用について

薬を使うとなると、その副作用が気になります。 昨今、厚生労働省が認可した薬剤でも、発売後に重大な副作用が出たという報道もあり、使うほうとしても、今まで以上に慎重に対処しなければならないと身が引き締まる思いです。 では、実際にどのような副作用がどのくらいの頻度で発現したのでしょうか。 以下の表は、医師向けに配布される、臨床試験時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★  作用と効果について

脱出を伴う内痔核を注射で治すジオン。 それは、どのような作用によって痔核を治療できるのでしょうか。 ジオンの有効成分である硫酸アルミニウムカリウムは、 ・収斂作用(この場合痔核の血管を収縮させる作用) ・止血作用 ・起炎作用(炎症を起こす作用) を有していることが知られています。 そこで、ジオンを内痔核に直接注射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 適応症について

「さよならプクン」 痔で検索をかけた事のある人なら、きっと知っている有名なホームページ。 私は痔主ではないので、残念ながら”メンバア”にはなれないのですが、「プクン」という表現の面白さには感心してしまいました。 痔と一言に言っても、痔核、痔瘻、裂肛などなど、様々な病気の総称なのですが、この「ぷくん」というのはおそらく痔核のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ ジオン本日発売

いよいよ待ちに待ったジオンが本日発売となります。 以下のような内容の薬のしおりが製薬会社によって作られ、説明日と説明者を記入するようになっています。 薬のしおり・注射版 2005年3月作成 【この薬の名前は】 商品名 :ジオン注生食液付  Zione Injection 一般名: 硫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 講習会について

注射一本で痔が治ると聞けば、たくさんの痔主の方々が病院へおしかけるでしょう。 そこで、問題になったのが注射で起こる後遺症の問題。 ジオンは注射を四段階注射法という特別の方法で慎重に行わないと、効果も期待できませんし後遺症も起こる危険性すらあります。 ジオンはすでに中国で使用されていた『消痔霊』という薬を改良したもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 価格決まる

3月18日、ジオンが薬価収載(厚生労働省によって、保険医療で使用する場合の価格を決めること)されました。 ジオン注無痛化剤付 10ML1瓶(希釈液付) 4,615円 ジオン注生食液付   10ML1瓶(希釈液付) 4,553円 3月23日(水)発売することが決まりました。 手技料については現在申請中です。 ◆ジオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★ジオンニュース★★ 消痔堂.comとの連携

このブログのタイトル消痔堂日誌は、実は新しく作成中のウェブサイト『消痔堂.com』にリンクするものとして考え付きました。 ここで紹介するジオンという薬。今まで手術でしか治らなかった痔を注射で治す画期的なものです。 大腸肛門外科を専門としている私にとっては、PCを手に入れたと同じくらいエポック-メーキングな出来事と確信しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more