コロナ時代の大腸肛門科(血栓性外痔核、かんとん痔核)

これらの病気は、肛門の血管で血の流れが悪くなるによって血の固まり(血栓)ができ、痛みを伴う腫れを生じます。腫れと痛みは同時に発生し、急に症状がでるのが特徴です。しかしその痛みも発症一日から二日目あたりがピークで、その後は徐々に弱くなっていきます。 肛門の外だけ腫れたものを血栓性外痔核、肛門の中から外まで腫れたものをかんとん痔核といいます。 血栓性外痔核は、肛門の外の部分が腫れているわけですから、押し込んでも肛門内に入りません。よく見ると、皮膚を透かして黒っぽい血栓が見えることがあります。DSC_0087.JPG また、皮膚が薄くなってやぶれると、血栓が溶けて黒っぽい血が少量出ます。この場合は排便後に洗浄すればよく、消毒は必要ありません。入浴も問題ありません。DSC_0058.JPG かんとん痔核は、肛門の外が大きく腫れている場合は、無理に押し込んでも痛みが強く、すぐに出てきてしまいます。簡単に肛門内に戻すことができ痛みも軽くなるなら押し込むのもよいですが、痛みが強い場合は出たままでも構いません。kanton0.jpg 白い矢印の部分は、血栓が露出している部分で、このタイプのかんとん痔核は、にじみ出る程度の出血を伴います。 これらの病気は、腫れた部分に市販の痔の軟こうをつけ温めることで、腫れや痛みは徐々に少なくなっていきます。長時間座っていたり立っていると肛門部分のむくみが取れないので、できるだけ横になっていた方が早く良くなります。 痛みは数日から長くても1週間くらいで引きますが、腫れが完全に治まるには数週間かかる場合もあります。
posted by Dr.OKの消痔堂日誌 at 17:27Comment(0)

コロナ時代の大腸肛門科(はじめに)

Dr.OKの専門分野である大腸肛門外科では、直接新型コロナウイルスに関与する病気は扱っていないので、緊急事態宣言が発令され「不要不急」の外出を避けることが求められた以降も、一定の患者さんが受診されていました。しかし患者数が増加するにつれて減少傾向にあり、早々に受診したほうが良い患者さんも受診を控えるような事態になりつつあります。 大腸肛門科の病気でも、数日我慢したら余病を併発し命取りになるようなものもありますから、あなどってはいけません。 大腸肛門科の病気で、しばらく薬局で購入できる薬を使って様子を見ても良い病気と、急いで専門病院を受診して治療を開始すべき病気を、腫れ、痛み、出血の症状から判断できるよう、数回に分けてアドバイスします。 ただし、症状だけから正確に判断することはできません。間違っている危険もありますから、ご心配な方は病院を受診してください。きっと通常の混雑がウソのように空いていて、待ち時間も少ないと思いますよ。(^_^)v
posted by Dr.OKの消痔堂日誌 at 03:55Comment(0)