テーマ:ネコ好き

ネコ族の逆襲

さっきまで気持ち良さそうに眠っていたネコ。 おもむろに目覚め、背中をそらせて大あくび。 きれい好きな性格なもんで、まず最初に毛づくろい。 ふと、窓辺に転がっている新聞紙に目がとまる。 秋のさわやかな風が吹き込み、紙面のふちがめくれてたなびく。 ちょうど、「おいでおいで」をしているように・・・ 動きが気になって、ネコパ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

癒し系ネコ

久々に見つけた癒し系ネコ【音量注意】 無邪気なしぐさが、なんともかわいい。 小さな生き物のしぐさが万人にかわいく感じられるのは、 生命をつなげようとする遺伝子が組み込まれているからだろうか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

狭さ好き

「ネコのひげは先端が顔の輪郭の範囲まで達して、暗闇でも触角の役割をして通れるかどうか判断できる」 理科少年だったDr.OKの愛読図鑑には、ネコの顔を正面から見た説明図が書いてあった。 実際に飼っていたトム君は、そんなこと無視無視! どんな狭い隙間でも、強引に頭を突っ込んで、体はぺしゃんこになりながら通過していった。 追われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いっちょまえ

という表現がぴったりのこの写真。 生きるために必要な行動パターンは、DNAの中にしまいこまれている。 困難な状況に面した時、いつも自分に言い聞かせる。 果報は寝て待て。 幾度となくお世話になった金言である。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ねこつぐら

って知ってます? 先日、江戸時代の民具を見る機会があって、わらを編んだ球形の籠に目がとまった。 中にネコの置物が入っていて、どうも室内で使用する猫用の小屋のようなものらしい。 江戸時代の暖房が効いていない日本家屋なら、暖かい場所としてネコが喜びそうである。 カヌーイストの野田知佑さんが、山奥の湖畔に一軒家を借りて住んでいたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キレてる?

キレてるヒトは手におえないが、 キレてるネコはカワイイ事もある。 このネコ、キレてますかね(^^) ↑残念ながら、写真がリンク切れです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネコの本性

このネコの表情。 虚空を見つめて思い出にふけっている??? いえいえ、そんな事はありません。 ネコが一点を見つめるとすれば、そこには必ずターゲットが。 セミプロ級のネコ飼いDr.OKは見逃しませんでした。 写真を拡大して、右足に注目。 すでにスパイク状の爪がスタンバイしてるじゃないですか。 【次に予想されるシー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

こまったにゃあ

「わ、わざとじゃないよ。」 こんな表情を子猫はよくみせる。←残念ながら、写真がリンク切れです。 本当に困っているのかどうかわからないけど、めっちや感情移入して、思わず抱き上げて頬ずりしたくなる。 老ネコになっても、思慮深い行動が見られると信じたい。 落ち込んでいると、そっと寄ってきてひざにあごを乗せたりする。 頭をそっとな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絶体絶命!?

二匹のネコに取り囲まれたネズミ。 哀れ、ネズミの運命やいかに・・・ 人生の中でも、 「もはや絶対絶命」 かと思われるピンチに遭遇する事がある。 いろいろ解決策を講じても、どうにもうまく切り抜けられないことがある。 そういうときには、遺伝子に任せる気分で待つ。 「数億年前から、延々と伝えられてきた遺伝子を自分は受け継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お馬鹿な君が大好きだ

最近はまっているものにGoogle videoがある。 素人投稿の、面白ビデオということらしい。 絶対あるだろうと思って探したら、ありましたありました。 ネコビデオ http://video.google.com/videoplay?docid=-6310009593776702035 サボテンと格闘する子猫が可愛い(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

続:箱入り・・・

二日続きのネコネタで恐縮なんですが、こんな仰天ビデオを教えてもらいました。 これを見て、びっくりしない人は、中国雑技団の人くらいでしょうか。 それにしてもこの後、ネコちゃんの運命は如何に・・・ とくとごらんあれ!
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箱入り・・・

ネコは狭いところをすり抜けるのだろうか? 路地で出会ったネコが、塀の下のわずかな隙間を体をぺちゃんこにして逃げていく。 狭い空間があると、どうしても入ってみたい衝動に駆られるのだろうか? とりあえず入ってみて、気に入るとそのまま寝込んでいたりする。 おいおい、そんな場所で寝ていると、つい蓋をしたくなるぢゃないか・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風呂嫌い

大学の後輩のK君は、大の風呂嫌い。 「風呂なんて、一週間に一回入れば十分」 なんて豪語していた。 彼は、中学生時代を英国ですごし、かの地では 「そもそも、毎日風呂に入る習慣なんてない」 そうである。 独身時代は自説を貫き通していたらしく、手術室でサンダルからはみ出したひび割れたかかとを見た母親のような婦長さんから 「軽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネコに締め出されたぁ

Dr.OKが高校生だった頃、名古屋の郊外の新しい家に引っ越した。 南側は、一キロ先まで続く田んぼ。 初めて手に入れた2階の自室の窓からは、風になびく稲穂が、まるで海を進む大型船のデッキから見ている波のようで爽快だった。 そんな、のどかな時代。 まだサムターン回しなどという物騒な話は聞いた事はなかったが、時代を先取りしていた住…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

くやし鳴き

ペットに感情移入するのは、飼う楽しみの一つでもある。 喜怒哀楽のような、細やかな感情があると信じるのも楽しい。 ネコというと、どうしても『執念深い』というような、暗いイメージが付きまとう。 『ネコのタタリ』とうのは、ありそうな気がするが、犬が『バケて出る』と聞いたら、どこか「冗談でしょ」と言ってしまいそうである。 執念深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障子上等!

ネコを飼っていると、うちの中がボロボロになるのは覚悟しなくちゃいけない。 おとなしくて、良い子のときもあるんだけど、何がきっかけかわからないけど、暴走やんちゃ坊主に変身する事がある。 その変貌ぶりには驚かされる。 ひょっとしてこいつ、宇宙人の回し者で、 「今日はひと暴れして、地球人を困らせろ」 と指令が飛んで来るんではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコ動画

「悪い事が重なる」 「二度あることは三度ある」 と、同じような事件が続く事をあらわす言葉には、どうもマイナスイメージのものが思い浮かぶけど、面白い事も続くものだ。 今朝教えてもらった、ネコの動画。 ネコ好きにはたまらない。 とくとご覧あれ!(音声付) そういえば、トム君ともいろいろな遊びをしたなぁ。 動画の中のしぐ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

やっぱあんたネコだわ

ネコって、どこか超自然的な雰囲気がある一方、どこかオマヌケな行動を取るところなんかがカワイイ。 進みだしたら後戻りできないのも、ネコの代表的な性質ではないか。 このネコ、やっぱり歩きにくかったんだろうね。 渡り終ってから振り返って、 「誰だぁ、ボクの足引っ張っていた奴は・・・」 いぶかしげな表情に愛嬌があると思いません…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ネコ舌

熱い食べものや飲み物ををわざわざ好むのは、人間だけではないだろうか。 それなのにどうしてネコだけが『ネコ舌』という、熱いもの嫌いの代表選手になっているか、知っていますか? 小学生OKが飼っていたのは犬。 その当事はドックフードなんて物は、都会のデパートでしか売っていなかった(と思う) 当然のこととして、残りもののご飯に味噌汁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコ好き:微笑むネコ

「動物が笑うか」という話がある。 「解剖学的に表情筋に乏しいから、笑う事はできない」というのを正解としては実もふたもない。 確かに、その通りかも知れないけど、動物それぞれにヨロコビをあらわす手段は持っている。 犬だったら尻尾をちぎれんばかりに振って、ヒュンヒュンと嬉し吠えをする。 そんな犬を見ていると、「ヨシヨシ」と頭をなで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコ好き:風呂嫌い 

後輩のK君は、大の風呂嫌い。 「一週間に一度で充分」 と豪語する。 聞くところによると、幼少時代英国ですごし、かの地では毎日風呂に入る習慣はないそうだ。 彼の場合は後天的風呂嫌いだが、猫属は概して風呂嫌い遺伝子を持っているらしい。 特に、三代目トム君がすごかった。 猫というのは、毎日丹念に毛づくろいしているためか、気にな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ネコ好き:忍猫

トム君の得意技に壁のぼりがある。 うつらうつら寝ていて、急に何かを感じるらしい。 部屋の蛍光灯の光が届かない天井の隅を、寝そべったまま、じーっと凝視する。 こちらも気になって同じ方向を見てみるが、ハエ一匹、いや蚊一匹見当たらない。 そのうち、ゆっくりと体制を整え一声 「ニャニャッ」 と鳴いたか否か、部屋の隅に突進し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコ好き:なむあみだぶつ

時々春めいた日が楽しめる季節になりました。 朝、羽織って行ったコートが、帰りは邪魔になることもしばしば。 大気の中にも、何かウキウキさせる物質が含まれるんじゃないでしょうか。 それに敏感に反応してなのか、ネコちゃんたちの鳴き声が変わってきています。 いつもと違う「にゃおお~ん、にゃおお~ん」という、悩ましい声。 ネコちゃん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネコ好き:オテテプロレス後編

「ちゃんちゃか、ちゃかちゃか。ちゃんちゃか、ちゃかちゃか。ちゃんちゃかちゃっちゃっちゃ。ちゃららら・・・」←『コバルトの空』のつもり。 「カーン」オテテプロレスがゴングと共に開始されました。 両者にらみ合いが数秒間続き、ブラッシー・トムは上目がちでにらみを利かせている。 突然トム、ジャイアント・オテテを両手でがっしりとつかんで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネコ好き:オテテプロレス前編

ネコはとにかく眠たい。 暇があれば、いつでも背中を丸めて目を閉じている。 とはいっても、耳は起きているようで、音に対して敏感に方向を変えたりしている。 そんな時、目の前にそーっと手を出してみる。 座布団なんかを用意して、下からちょろっと指先を出したりしたら効果テキメン。 細くあけた目から様子をうかがっている。 不意に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコ好き:あかつき救助隊

「にゃぉぉ~ん、にゃおおおお~~んっ」 「フーッ、ギャギャギャギャギャ」 軒下で、ネコの喧嘩だ。 外はまだ、薄明かり、 どうもうちのネコは、早朝の決闘が好きのようだ。 「バタバタバターーーー」 取っ組み合いの末、遠ざかっていく足音。 「なお~ん、なおお~~ん」 野太い声が、勝ち誇ったように響く。 窓から外を見ると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコ好き:ささやき

「にゃお~ん、にゃお~ん」 毎日の如く夜もとっぷりと暮れてから、トム君のご帰還だ。 ガチャンとお勝手のドアを閉める音が2階の部屋からの聞こえた。 妹か母に入れてもらったのだろう。 しばらくして、浪人生OKの部屋に自作してあるネコ用透明ドアを押し開けるカタカタという音が聞こえた。 早朝勉強に備えて、早くも浪人生OKは暖かい布…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネコ好き:両目ウインク

ネコの体の中で、もっとも美しいのは瞳。 ガラス玉のように透き通った球体の中に、感情を敏感に表す大きなこう彩。 明るいところでは縦一本線だが、興奮すると瞬時にまん丸になる。 ネコの顔を両手で抱えて、瞳の中をじーっと見る。 のぞき込んでいる自分が写っているのがわかる。 ここでそーっとまばたきすると、ネコも両目でまばたき返し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ネコ好き:仲間意識 

ネコ4匹、犬3匹を飼った経験のあるDr.OKは、いっぱい楽しい思い出を持っている。 天国にいるみんな、『キータン、レオ、ルンさん←犬の名』、『トム←1号から4号まで共通のネコの名』ありがとう。 それぞれ性格も違ったが、犬とネコの種としての共通点は、人間に対する関係。 なんと言っても犬は人間を『ご主人様』と認識している。 声を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネコ好き:ネコ・トコ・カコ

ネコは良く眠る。 一日15時間は寝ているそうだ。 よく寝るから『寝子⇒ネコ』と言われるようになったとか。 それ以外の説に、ネズミを捕るからネコと呼ぶようになったという説もある。 我が家のトムは狩猟の達人(達猫?) 畑に生息する、小さな地ネズミを捕まえては見せに来る。 どうもネコには、獲物を捕まえては人間に見せに来る習性が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more