椎名林檎は才能がある

ロックから始まり、さまざまなジャンルを聴くDr.OKは椎名林檎のファンでもある。 メロディー、歌詞、姿かたち、文章(NHKの朝ドラ、カーネーションの公式ホームページに、彼女のぶっ飛んだ文章が掲載されていたが、現在はどこにあるのか見つからない)などなど、エキセントリックな『キャラ』も興味の対象だが、ボーカリストとしての才能を評価したい。 音程とリズムすら、きちんと歌えない歌手が多い中、彼女のボーカルは、その表現力が優れていると思う。 かわいらしい声、ドスの効いた声、薬かなにかでイッちゃっている声、真摯な女性の声など、さまざまな声を使い分ける彼女は、やはり天才だと思う。 一つの声で、正確な音程とリズムをとって歌うことは、だれが歌っても同じように歌える。 結構、素人がカラオケで上手に歌ったりする。それは、カラオケ大賞ではあるけど、プロの歌手としては物足りない。 初めて『ここでキスして』(音が出るので注意)を聞いた時には、そのぶっ飛んだパワーに圧倒され、今までに類を見ない表現力のすごさに、瞬時にファンになった。 アルバムを聴いてみると、ぶっ飛んでいるだけではなく、繊細な声で女性らしい感情を歌い上げているものまで、その多彩さに気が付いた。『同じ夜』(音が出るので注意)が同じアルバムで『ここでキスして』の次に収録してあることも、絶品であった。 始めのうちは、聞きなれるまで「なんだかな~」という感じだが、慣れるにつれてはまってくる。ちょうど、パクチーの味のようなものか?(←ちょっち違うか??) カーネーションの主題歌(音が出るので注意)では、一曲の中でさまざまな顔を見せ、改めてファンになった。 ここ数年、遠ざかっていたが、また聞きたいと思う。 あっ、ぶっ飛び大賞としては、プリンスも大好きだったんだぁ。
posted by Dr.OKの消痔堂日誌 at 05:42Comment(0)TrackBack(0)

ロック魂

NHKの大河ドラマ『平清盛』で、乱闘シーンにエマーソン・レイク&パーマーのタルカス(←音が出るので注意)が使われていることはゴキゲンなのだが、最近自分の周囲で、若いころにロックにはまっていたという人が多数出現。先日も、友人とスカイプで延々とロック談義を行った。 画像遅い中二病を患っていた高校一年の頃、文化祭でグランド・ファンク・レイルロードの『孤独の叫び』をコピーしたバンドがあった。あまりにも大音響でやっていたので、教師が音量を下げるように注意しにきたところ、観客から「先こう(教師の蔑称)帰れ!!」の大合唱。その当時の若者は、反戦、反体制が主流で、それに乗りきれていなかったDr.OKも心に熱いものがこみあげてきた。 それ以来、 「ロックを聴かなくちゃ青春ぢゃない」 という盲信に取りつかれ、友人に借りたLPを父親のオープンリールのステレオデッキに録音しまくった。 その、初めてロック魂を感じた『孤独の叫び』は今でも古典的ロックとして評価している。 初めからサビで始まることもなく(レッド・ツェッペリンの代表曲やAKB48の曲に多い)クラシックの交響曲のごとく、ゆっくり静かに(といっても、ロックだから・・)始まり、主題を繰り返す。途中で、ギターソロが延々と続き、さまざまなギターテクニック(といっても、今のギタリストと比べると、ごく初歩的なテクニックだが)を披露し、感極まってライブではハウリングを起こすのがお約束。『最大出力○○ワット』というのが、コンサートの売りだった時代である。 その後、ドラムとハモニカの共演。トリッキーなリズムを刻むこともなく、安定したテンポで安心感を与える。 最後は、30秒近くに及ぶ総出大音響のラスト。終わると思えど、まだ終わらず、さいごの一滴まで絞り出すような、ベートーヴェンの交響曲のラストいみたい。これをDr.OKの父親は『前立腺肥大のションベン』(失礼m(__)m)と評していた。 聞きたい人は、ここをクリック(音が出るので注意)
posted by Dr.OKの消痔堂日誌 at 03:14Comment(0)TrackBack(0)

クイーン+ポール・ロジャース

行ってきました、横浜アリーナ。 長身モジャモジャ頭が変わりないブライアン・メイ、マフィアの幹部みたいなロジャー・テイラー、元気なタンクトップおじさんポール・ロジャース。 先行発売されたライブCDを聴くかぎりでは、「フレディ・マーキュリーがいないなんて、クイーンじゃない」と思ってました。 特に、ポールのコブシを効かせたような声をつぶし気味のボーカルや、メロディの高音部をアレンジして歌ってしまうのでは(´ヘ`;) でも、始まってしまえば会場の雰囲気に圧倒されて、そんな事全く忘れてしまいました。 よくよく聞いていると、ポール・ロジャースもCDとは歌い方を変えて、声をつぶさずに伸びのある声で勝負しています。 悪く言えばフレディ風に真似ているんでしょうけど、普通のクイーンファンにとってはそのほうが安心して聞けます さすがプロのボーカリスト。 いろんな声で歌えるんですねー。 「高音部が苦しいのは、致し方ないか。」 と思っていたら、ボヘミアン・ラブソディではフレディがピアノを弾き語りしているコンサートビデオを使ってのニクイ演出。 天国からフレディが参加しているようで、しんみりしました。 歌い進んでいくうちに、晩年のフレディ自身も高音部を下げて歌っている。 誰もが年をとって、若い時のようにはいかないけど、新たな可能性を模索して頑張っている。 最後に歌われる『 We are the champions 』のサビの部分の意味がわかったような気がした。 We are the champions - my friends And we'll keep on fighting till the end 最期の日まで前進あるのみ!!

We Are The Champions

画像 クイーンのミュージカル『 We Will Rock You 』の最終公演に行ってきた。 公演が始まって間もない6月に行った時には、会場のノリもイマイチで最初から手拍子を入れる人はわずかだったか、今回は皆さんわかってらっしゃる。 二曲目のRadio Ga Gaからノリノリ All we hear is **(手拍子) Radio ga ga ** Radio goo goo ** Radio ga ga ** その後も、殆どの曲で手拍子が入りスティックライトが左右に揺れる。 一曲終わるごとに鳴り止まない拍手。 サビの部分は大合唱。 歌いすぎて、声が出んぞー。 日本公演のために用意されたギャグも健在。 「えぼし岩」「岩手県」「コナカ」なども前回と同じように披露されたけど、観衆の反応が全然違う。 『 No-One But You (Only The Good Die Young) 』の前に、若くして亡くなったロックスターの名前が読み上げるシーンで、以前は、エルビス、ジャニス・ジョプリン、ジョン・レノンなどに並べて、尾崎豊、が読み上げられたけど、最終公演ではカット。 クイーンのファンと尾崎のファンはあまり重なっていないということか・・・ 公演が終わっても鳴り止まない拍手の嵐。 アンコールとして、前回と同じく日本向けと思われるI Was Born To Love You が歌われた後、さらにWe are the championsの大合唱。 We are the champions We are the champions No time for losers ‘Cause we are the champions of the world 明日も頑張ろう。

明日が見えなくて

「明日が見えなくて、とても不安な時は 一番高い屋根で、夕日をみてごらん」 題名は忘れてしまったけど、八神純子の歌の一節。 「ビートルズも言っていた、 何をするにもロング・アンド・ワインディング・ロード」 と歌は続く。 未来を不安に思うのは、なぜだろう。 それは、輝かしい未来を夢見ているから。 ひとつの不安を解決しても、またまた新たな不安が生まれるのは何故だろう。 それは、階段を一段上がって、次の階段を踏み出しているから。
posted by Dr.OKの消痔堂日誌 at 06:32Comment(0)TrackBack(0)