テーマ:キックボクシング

無念 _| ̄|○...

7月23日 全日本キック後楽園大会。 メインイベントは全日本ライト級王者サトルヴァシコバ 対 元全日本&J-NETWORKフェザー級王者増田博正のタイトルマッチ。 いつも(^^)顔の好青年、サトルバシコバ。 本名が小林悟(コバヤシサトル)で、全日本キックの顔でもあるチャンピオン小林聡(コバヤシサトシ)と一字違いなので、間違…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

好きでなくては続かない

「テレビに映るから、『収入が多くて、いい暮らししてる』って思われているふしがあるんですよねー」 「僕なんか初任給7万円で、年間の休みが一週間でしたよ」   先日のキックボクシングの大会。 いつもと違う小さな会場で医務室なんて物はない。 関係者控え室でレフェリーの人たちと一緒に仕事をしながら聞いた話である。 テレビで放映され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レフェリーストップ

スポーツの審判員は、そのスポーツがルールに則って行われるか監視し、反則にはペナルティーを課すのが主な仕事だと思う。 格闘技の審判員は、それに加えて選手の命を守るという重大な任務があり、一方的に試合を中止する権限も認められている。 24日のキックボクシングの試合では、まさにその名レフェリーぶりに、Dr.OKは鳥肌がたった。 それ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

親父の星 島野智広選手 

31戦12勝(1KO)14敗5分 KO率3.2%  一昨日までの彼の戦歴である。 95年3月デビューだから、11年リングに上がり続けている35歳のスキンヘッド。 決して派手な試合運びはしない。 どちらかというと地味。 はじめてキックを見る人には「つまらない試合」と思われるかもしれない。 一般の観客からの声援も多いとはいえ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

女子キックボクシング大会

久しぶりに女子キックボクシングのリングドクターを勤めた。 数年前と比べて、技術的なレベルアップが著しいのが嬉しい。 特に圧巻だったのが、メインイベントのタイトルマッチ。 韓国のシン・ミンヒ選手が持つIKMF韓国女子フェザー級のベルトに挑戦したのが、WINDY智美(AJジム)選手。 この選手はデビューの頃からの顔なじみ。 『…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

リングドクター悲話

仲間のリングドクターが選手に侮辱された。 試合後に、怪我をした選手の治療をしていたら、セコンドについていたほかの選手に暴言を吐かれ足蹴にされた。 試合の判定結果が気に食わない事をドクターに話かけて、そのドクターが治療に集中していて話の応対をしなかったのが気に入らなかったのか、「つかえねえ」「薮医者」「ハゲ」というような、お約束の…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

流血試合で手に汗をかいた日

昨夜は新宿歌舞伎町のFACEで、全日本キックボクシング大会。 いつもやる「格闘技の殿堂」後楽園ホールと違って、医務室もなければ医務室担当の看護婦さんも当然いない。 けが人が出れば、リングドクターチーム3人で何とかするしかない。 キックボクシングの選手。 試合に出て高額のファイトマネーが出るわけではないので、怪我をして病院にか…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

全日本キックに宮田あり

Dr.OKの隣に羽織袴のお笑い芸人。 ハリセンを持たせたら似合いそう・・・ というのは冗談で、こちらが全日本キックのリングアナを勤める宮田さん。 いつもはタキシードに蝶ネクタイの正統派リングアナウンサーである。 アナウンスも、昔懐かしい 「あかぁコォナーァ、全日本キックボクシング連盟、ライト級王者ぁ~、こばやしぃ~、さとぉ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドクターストップ

1ラウンド開始直後から、激しいパンチと肘打ちの攻防戦。 まぶしいほどのライトに照らされた空間には、汗のしぶきが舞う。 闘っているのは前田尚紀と石川直生。 全日本スーパー・フェザー 級のタイトルマッチである。 『闘う修行僧』と呼ばれ、いつも節目がちで黙々と努力するタイプの前田に対し、現役モデルでいつも明るい華のある石川。 そ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おじさんの星たち

キックボクシングという格闘技。 中心選手は20代。 30歳くらいで引退が噂される事も多い中、30歳を越えてデビューし活躍する選手もいる。 橋本城典選手(36歳):34歳デビュー 7戦2勝2敗3分 真後和彦選手(36歳):32歳デビュー13戦7勝4敗2分 きらめくチャンピオンも星だが、年齢をものともせず、プロとして後…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

キックボクサーナースマン

小宮隆司 5戦3勝(1KO)2敗のフレッシュマン。 デビュー戦ではダブルノックダウンを演じ、その後もボコボコに殴りあう積極的ファイトで人気上昇中。 そんな彼の本職は、某病院の手術室主任ナースマンである。 ひとたびリングを降りると、物静かで控えめ。 何処に、リング上で発揮される闘争本能が隠されているのか、全くわからない。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大流血戦

日本VSタイ・5対5マッチ、結果は5-0で日本の完敗。 内容も、3KO負け、1判定負け、1レフェリーストップの壮絶な戦いでした。 数字から見れば完敗ですが、縫合を要した怪我は日本:3-タイ:2とこちらは大健闘。 医務室は縫合待ちの選手がごった返して、試合後も暑い熱気むんむん。 一番壮絶な試合だったのは、大将戦に出場した、山…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

うら拳

キックボクシングの技に、バックハンドブロー(うら拳)というものがある。 正面を向いている選手が突然360度回転し、こぶしの甲(手のひらの反対側)で顔を狙ってヒットさせる。 ストレートやフックと比べるとパンチ力は小さいが、これで横面を張られると首を軸として頭が回転し、効率よく脳振盪を起こさせる(=KOする)事ができる。 当然の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

頑張れ吉本光志 v(^-^)

昨日のスポーツニュースは『長谷川、新井田ともに防衛 Wタイトルマッチ 』の文字が躍っていましたが、我らが全日本キックでも吉本光志がやってくれました。 吉本光志が韓国選手に4RKO勝ちで初のベルト奪取! <全日本キックボクシング連盟・海外遠征試合結果> 9月24日、韓国・城南(ソンナム)で開催された、IKMF(国際格闘技連盟)…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more