特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし 55:まじめなおしりのビデオ

かれこれ40年近く前、Dr.OKがまだ学生だったこと、病院実習で某診療科の教授について『ご指導』を受けていた時、教授室に患者さんを招き入れて開口一番
「あんた、癌だわ!」
と、のたまわったのには驚いた。
その当時、まだまだ癌という病名は家族だけに真実を話して、患者さんには真実を話さず『阿吽の呼吸』で隠し通すのが普通の時代だった。

時代は移って、平成元年。
Dr.OKが大腸肛門外科医を目指したころ、さすがに直腸がんで人工肛門をつける必要がある患者さんに
「癌になるといけないから、直腸を取って人工肛門になります」
では、患者さんの同意を得ることはできないので
「細胞の検査では癌という診断結果が出ましたが、人工肛門をつける手術を行えば完治させる事ができます」
と、患者さんを勇気づけるような説明をするように指導を受けた。

まだまだ、医療情報と言っても、今のようにテレビに雑誌にインターネットに、あらゆる媒体で氾濫している時代ではなく、多少も矛盾があっても通し切ることができる時代であった。

しかし、肛門科の場合は少し事情が違っていた。
患者さんが病気を隠しているために誰にも相談することができず、医者も患者さんからのフィードバックが少ないためか治療も玉石混交で、まさに暗黒大陸の時代であった。
そこで1996年、ようやく素人でも扱えるようになり始めたインターネットを使って、痔の医療情報を公開したのが
『Dr.OKのまじめなおしりのはなし』
というホームページである。
画像


そこで、実際の痔の写真や本音の医療情報を公開し、メールを使って相談にも応じた。
自分として一番勉強になったのは『医療側から公開したい情報と患者さんが知りたい情報との間には、微妙な違いがある』という事であった。
今では当たり前のように書いてある治療費なども、患者さんからのメールの中で多かった質問の一つである。

時は移って、インターネットの環境も飛躍的に発展し、何と動画を無料で配信できる時代になった。
これを見逃すDr.OKではない。
動画を流せるという事は、自分のテレビ番組を持つことができることと同じである。
実力次第では、放送局に匹敵する内容の番組を作る事も可能なのである。

最近、常々思っていることに、外科医は意外に保守的な人が多くて
「先輩に教わったままの方法で手術を行っていれば、間違いない!」
と考えているような人が大部分ではないかという事。
学会などで作りこんだビデオを使って数分手術の説明をしたところで、到底受け入れてもらえるものではない。

一方患者さんも、自分が手術を受けるという事になると
「いったい、どういう方法で手術されるのか?」
と、詳しく聞きたがる人も年々増えているような状況がある。

そこで思いついたのが、Youtubeを使って、実際の手術のビデオを、細かい解説と共に公開してしまうという『アラワザ』を思いついた。
特に、痔の手術というのは同じ名前の手術でも、病気の状態で微妙にテクニックが違う。
これを、何本アップロードしても無料というYoutubeの利点を生かして、今後巨大な『痔の手術チャンネル』を作り上げようとして始めたのが
【Dr.OKのまじめなおしりのビデオ】
なのである。
画像


興味のある方は是非ご覧になって、チャンネル登録(新しいビデオがアップされたらお知らせが届く)をしていただきたい(^^)v
https://www.youtube.com/user/osirivideo

"特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし 55:まじめなおしりのビデオ"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: