【緊急レポート】似非医者に騙されるな!!

まず、私が先日発見した、崎谷博征医師のFacebook記事を読んでいただきたい。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=441190155965100&set=a.435970866487029.1073741827.396644500419666&type=1&theater

以下、崎谷博征医師の記事より引用(黄色マーカー部分)

“現役医師”の立場から
忠告させてもらいます。

『病気で医者に頼ると危ない!』

残念ながらこれは事実です。

現代人の死因1位はガンですが、
正直な話をしてしまうと

“ガンで死ぬのではなく、
 ガン治療によって殺される”

と言っても過言ではありません。

私は15年以上外科医として活動し、
20年以上医者として最前線に立ち続けています。

現場を体験し続けた人間として断言しますと
残念なことに西洋医学はガンに対して無力です。

手術、抗がん剤、放射線治療、
この3大治療法がガンに有効だという
科学的根拠が実は存在しないのです。

と、いうよりも

『現代医学が病気に対して完全に無力』

これが事実です。

私たち医者が治せる病気というのは
病気全体の0.01%以下しかありません。

風邪すら治せないのです。
だから『薬』を出して
誤魔化す以外に何も出来ないのです。

私の医者としての経験は
自分が病気になった時医者に行く、
というのは心から遠慮するべきと告げています。

薬という名の毒を大量に摂取する羽目になり、
ただでさえ弱った身体をボロボロにさせられます。

医者に頼れない以上、
自分の身は自分で守るしかありません。

ではどうやって健康な身体を保ち、
医者に殺される最後を回避するのか?

それを実現するために

『ラーメン、から揚げ、焼肉、ビール、
 好きな物を好きなだけ食べながら』

『ジョギング、ウォーキング、
トレーニングなどの運動は一切無しで』

『もちろんサプリメントなど一つも取らず』

それなのに、
ガン、認知症、脳血管梗塞、心筋梗塞、
リウマチ、SLE、精神疾患、etc…

これら全ての“慢性病”と呼ばれる病気を
完全に予防してしまう健康法が存在しています。

これに関して語ったビデオを現在、
“無料にて”公開中です。
http://bit.ly/10KupBb

“そんな馬鹿な、信じられない”

そう感じられると思います。
なので別に信じてくれとは言いません。

私がお伝えできるのは

『この手法はアメリカ、コロラド大学の
コーダイン博士が研究を開始し、
世界中の研究機関で目覚しい成果が
確認されている遺伝子的なアプローチ』

ということだけです。

私以外に日本でこの手法を理解している人は
いませんので、ここ以外で内容を知るのは不可能です。

無料のビデオですから、見ることであなたが
損をするということはないと思います。

一回病気にかかってしまえば
数十万円が一瞬で治療費に吹っ飛びます。

下手すれば仕事も失って数千万円、
人生を棒に振るレベルの損害も考えられます。

それを防げるとすれば見ない理由はないと思います。

『意地でもこんなビデオ見てやるものか!』

という強い決心をなぜかお持ちの方以外は、
確認しないのはあまりに勿体無いと
あくまで個人的には思っています。

“我慢せずに病気を完全に防ぐ方法”
http://bit.ly/10KupBb

崎谷博征

以上引用終わり

確かに、『現代医学では治せない病気がある』とか『自然治癒力で病気を治す』という点では、私も同意見である。
恩師 故隅越幸男先生も常々「患者さんが治ろうとする力を邪魔しないで、応援するのが名医なんだよ」
とおっしゃっていたことを思い出した。

この前、そこへ批判的なコメントを入れて、数人の医師からも反対意見があがっていたので、議論が成熟しているのを楽しみに、再度訪れたら・・・

無い、無いのである。
批判的なコメントはきれいさっぱり削除されていて、コメント欄の最後を確認すると4月14日1時40分時点では

『崎谷博征 いろいろと非難・中傷がありますが、皆さまとともに前進あるのみです。真意が伝わる方だけで前進していきましょう。こちらこそよろしくお願いいたします!
5時間前 』

---3時間前に『抗がん剤はダメなんですか?』というコメント---

『末岡雅代 それではあなたは医師をお辞めになるのですか。講演会や執筆で忙しい医師より現場の医師が強い使命感があると思います。
2時間前 (携帯より)』

があるだけなのである。

崎谷医師は、5時間ほど前に最終チェックし、批判的なコメントは削除したのであろうか?
これではインチキ民間療法の、『患者様からの喜びのお手紙』と同じではないか。

医者が『科学者の中の科学者』としての自負があるのなら、批判も正々堂々と受け、自分の考え方が間違っていないと確信しているのなら、反対意見を完膚なきまで叩きのめす覚悟が必要である。
そうでなければ、自分の治療にわが身を託した患者さんの命を預かる資格はない。

ここで、もう一回最後の仕掛けをして、確認を取りたいと思う。
下記の批判的な投稿を、上記ページのコメント欄に投稿する。
さて、何時間削除されずに多くの迷える患者さんたちの目に留まるであろうか。

以下、投稿記事。

確かに、現代医学は万能ではなく、私も自然治癒力をうまく使って治療するのが名医だと思う。
しかし、たとえば癌が治せないからと言って、すべての現代医療を否定する崎谷博行氏のスタンスは間違っていると思う。

日本人の平均寿命について考えてみよう
http://www.garbagenews.net/archives/1892906.html

戦後間もない1947年の平均寿命が男50.06歳、女53.96歳に対して、2010年のそれは男79.64、女86.39歳と、わずか53年で6割増しなのである。

この長寿の主な理由は、
①結核、赤痢、チフス、コレラ、ペストなど、人口を激減させるくらい大流行していた感染症が、抗生物質の発明と公衆衛生の普及で克服できたこと。
②日本の『国民皆保険制度』によって、国民のだれもが安価かつ世界基準としても最高峰の医療を受けることができた。
からである。

崎谷博行医師が取り上ている、
『ガン、認知症、脳血管梗塞、心筋梗塞、リウマチ、SLE、精神疾患、etc…これら全ての“慢性病”と呼ばれる病気』(←原文ママ。慢性病という概念が違っているとツッコみたい)
になるまで長生きできなかったのである。

脳梗塞や心筋梗塞になったら、見守っているしかなく、ほとんどの人が死亡していたのである。

現代医学で完治できない病気があるからと言って、すべてを否定するのは、

「交通事故でシートベルトをしていても死ぬ人がいるので、シートベルトをするのは無意味である以上に危険である」

と主張するのと、私には同じに思えてしまう。

最後にここで、賛成のコメントをしている人たちに知らせたい。
私は、何回かこのコメント欄をチェックしているが、崎谷博征医師の考えに否定的なコメントは、私のも含めてきれいさっぱり削除されているのである。

これが何を意味するのであるかは、賢明な方ならわかるであろう。

現在4月14日2時45分
投稿しようと思って、上記のページを開いたら、投稿できない。シェアしかできない!!

私のアカウントからコメントできないように、制限が掛かったのであろうか???
Facebookのアカウントをお持ちの読者の皆さま確認していただけませんか?

そして、勇気のある方、さらには医師であって医師としての気概がある方は、私に代わって代理投稿していただけないでしょうかm(__)m

"【緊急レポート】似非医者に騙されるな!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント