ホーホケキョ

東京の都心と聞くと、コンクリートジャングルを想像しがちだが、以外にも緑が多い。
これは、昔の武家屋敷や幕府の施設が公園になったものが多いのも、一つの理由だろう。

散歩の途中にある、小石川植物園
ここは小説「赤ひげ診療譚」の舞台となった小石川療養所の跡地にある。

周囲2Kmを越える広大な敷地に、様々な植物が植えられており、正式名を「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」といって、研究施設でもある。

その周りの道を早朝に歩いていると、ホーホケキョ。
都心で聞く鶯の声は、また格別な感動がある。

一般にも公開されているので、心が疲れたらお勧めの場所である。

"ホーホケキョ"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: