修行ゴルフの一日

半年ぶりに、ゴルフコースに立った。
大学の同級生が誘ってくれたコンペである。
名古屋まで、新幹線に乗って参加した。

夏の勢いで延びきった芝生。
ラフに打ち込むと球が完全に沈んでしまう。
脱出するのに、一打、二打、時に三打。
あっという間に、二桁のスコアが並ぶ。

シングルの腕前の同窓生たちは、辛抱強く待っていてくれる。
その中で、ひたすら“クロスカントリーゴルフ”を繰り広げる。

天候が心配されたにも関わらず、強い日差しの一日になった。
気温もどんどん上昇し、キャップのつばから汗が滴り落ちる。
思考力も低下したフォームでは、ますますミスショットを重ねるばかり。

それでも、久しぶりの緑の空間は嬉しい。
17番ホールで突然やってきた雷雨をながめ、避難小屋で過ごした時間ですら嬉しく感じる一日であった。

"修行ゴルフの一日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント