ねこつぐら

って知ってます?
先日、江戸時代の民具を見る機会があって、わらを編んだ球形の籠に目がとまった。
中にネコの置物が入っていて、どうも室内で使用する猫用の小屋のようなものらしい。

江戸時代の暖房が効いていない日本家屋なら、暖かい場所としてネコが喜びそうである。
カヌーイストの野田知佑さんが、山奥の湖畔に一軒家を借りて住んでいたとき、
「あまりに寒いので家の中でテントを張って寝たら、暖かくて快適であった」
とエッセーに書いていたので、それと同じような効果があるのだろう。

最近の暖かい家では、せっかくねこつぐらを買ってやっても、肝心のネコが気に入ってくれないこともあるらしい。
昔飼っていたトム君にも、段ボール箱を切ってかわいい小屋を作ってやった事があるが、なぜか気に入らない。
廊下においてある古びたオルガンの上に、これまた使い古しの毛布がお気に入りであった。

"ねこつぐら"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: