くやし鳴き

ペットに感情移入するのは、飼う楽しみの一つでもある。
喜怒哀楽のような、細やかな感情があると信じるのも楽しい。

ネコというと、どうしても『執念深い』というような、暗いイメージが付きまとう。
『ネコのタタリ』とうのは、ありそうな気がするが、犬が『バケて出る』と聞いたら、どこか「冗談でしょ」と言ってしまいそうである。

執念深い性格を象徴するのが、ネコのくやし鳴き。
窓越しに鳥を発見した時なんかに、こんな鳴き方する猫を見ていると
「さっき、からかってゴメンネ」
と、とりあえず謝って友好関係を保ったほうが良いような気がして、思わず頭をなでてしまったりする。

"くやし鳴き"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: