一休さんゴルフ

おだやかに晴れあがった絶好のゴルフ日和に恵まれ、コースデビュー。
予定通り、7番アイアンで刻みのゴルフをしてきました。
皆がティーショットをドライバーで飛ばす距離を、2打から3打。
時には、はじめからOBとなって4打5打。
でもでも、「きにしない~、きにしない~、きにしない~っ♪」

噂には聞いていましたが、芝の上で打つ感覚は練習場のマットとは大違い。
広いコースを、少年時代の犬っころのように駆け回り、犬っころのように楽しかった。

なぜかパットはキッチリ決まる。
「柔らかい打ち方が素晴しい」
とベテランからお褒めの言葉をいただいた。
『内視鏡をやる医者は、手先の感覚が繊細だからパットが上手い』
という話を聞いた事があるけど、ほんとだろうか。

スコアは、前半79、後半74。計153
後半になっても崩れなかったのは、日ごろの練習の成果かも知れない。
今日からの練習目標もはっきりつかめた。

これで、ドライバーを決めて2打、アプローチの正確さで1打縮めれば
3×18=54
で、第一目標点の100を切る事は可能。
「一年で100を切る」
という当初の目的にまい進するのみ。

「の・ぞ・み・はぁ、たぁかく、はてしなくぅ~♪」

"一休さんゴルフ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント