ネコ好き:風呂嫌い 

後輩のK君は、大の風呂嫌い。
「一週間に一度で充分」
と豪語する。
聞くところによると、幼少時代英国ですごし、かの地では毎日風呂に入る習慣はないそうだ。
彼の場合は後天的風呂嫌いだが、猫属は概して風呂嫌い遺伝子を持っているらしい。

特に、三代目トム君がすごかった。
猫というのは、毎日丹念に毛づくろいしているためか、気になるような体臭はなく、それまで猫を風呂に入れた経験はなかった。

画像ある日、やたらと首筋を掻きまくっているかと思ったら、何か黒い点が白いシーツにこぼれ落ちた。
よくよく見ると、ノミではないか!
トム君を押さえつけてしげしげと見ると、柔らかい猫毛のジャングルを縦横無尽に這い回るノミの大群。

「猫ノミは人を咬まない」
なんて話もあるが、どうも最近虫に刺されることが多いと思っていた。

お風呂に半分くらいお湯を張って、トム君を拉致連行。
異様な雰囲気を察したか、風呂の入り口で早くも爪を立てて抵抗する。
その後は阿鼻叫喚。
ぬれた毛の中に潜んでいるノミを一匹づつ、先のとがった解剖用のピンセットでつまみ出す。

人間的にはすっかりきれいになった体を、丹念に毛づくろいするトム君。
いつもより上目遣いで、恨めしそうに訴えていた目がかわいかった。

*写真はWIND-MASTERさんからお借りしました。

"ネコ好き:風呂嫌い "へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: