ネコ好き:オテテプロレス前編

画像ネコはとにかく眠たい。
暇があれば、いつでも背中を丸めて目を閉じている。
とはいっても、耳は起きているようで、音に対して敏感に方向を変えたりしている。

そんな時、目の前にそーっと手を出してみる。
座布団なんかを用意して、下からちょろっと指先を出したりしたら効果テキメン。
細くあけた目から様子をうかがっている。

不意に指先を左右に振ってみる。
座布団の下に見え隠れするくらいが効果的だ。
パッチリ開いた目の中の瞳孔が見る見るまん丸になってくる。

不意におしりを高く上げて、尻尾はぴんとまっすぐ。
左右にフリフリしたかと思うと、指先に向かって突進。
「もう、許さないからー」

こちらも指先を出したり引っ込めたり。
ネコは、スパイクのような爪を出した前足で押さえ込もうとする。
こちらと思えば、またあちら。
イライラ度が頂点に達した時、突然座布団が払われ「ジャイアント・オテテ」が登場。
もう、ネコには、手と人間の関係など眼中にない。
目の前の『手』憎し!
大きく見開いた目の中に、めらめらと燃える憎悪の炎が見えるようだ。

*写真はYukiさんから、お借りしました。



"ネコ好き:オテテプロレス前編"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: