大名古屋ビルヂング

画像
先日、名古屋に帰った話の続き。
名古屋駅に向かうタクシーの運転手さんと話していた。
「名古屋は、都市高速もどんどんできて、すごい変わりようですね」
「万博効果だがね」
「駅前も高層ビルがどんどんできて」
「あれ見てちょーす!新しいトヨタビルだがねー」

なんと、駅前に建築中の高層ビルが。
以前は、毎日新聞社や映画館が入っていた駅前ビル。
あそこで、『燃えよドラゴン』を見たぞ。

建築中の高層ビルの陰から、懐かしい『大名古屋ビルヂング』の威容
「あのビルは、残してほしいですね」
「あれがなくなったら、いかんがねー」

昭和40年に立てられた駅前ビル。
「ビルヂング」という呼び名が、英語を習い始めた中学生OKには、なんとも田舎くさく感じて嫌だったが、その後、丸ビルの正式名が「丸の内ビルヂング」である事を知った。
詳しく調べてみると、三菱ビルヂング、新日石ビルヂング、古河総合ビルヂング、国際ビルヂング(帝劇ビルの本名)など、東京の丸の内にあるビルの多くは『ビルヂング』という呼び方が採用されているうえ、日本ビルヂング協会連合会などという団体もある。
『ビルヂング』は由緒正しい呼び方だったんですねー゚。(*^▽^*)ゞ

"大名古屋ビルヂング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント