Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし51:まじめなおならのはなし

<<   作成日時 : 2014/07/04 05:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

肛門科には、「最近おならが多くて…」と悩む患者さんからの訴えを聞くことも多い。
実際におならのガスはどうやって生じるのだろうか。
よく「腸内で、ガスが異常に発生するため」と思われているけど、口から入る空気が大部分を占めていることがわかっていて、腸内で発生するガスはおならの約10%にすぎません。

食べ物は、胃や腸で消化されますが、大腸にはたくさんの腸内細菌が住んでいます。
もちろん、伊達に住んでいるわけではなく、消化を助けるという大役があるわけですが、その際にガスが発生します。
繊維質を分解するときに出るガスは、炭酸ガスやメタンガスで、これらは臭くありません。サツマイモを食べるとおならが出るというのは、サツマイモの食物繊維を分解することが原因です。
http://youtu.be/SlUbAJ3fCpI

一方、肉や魚などの動物性たんぱくが分解されるとインドール、スカトール、硫化水素などの臭いガスが発生します。
http://youtu.be/hOvg94qBTqo
『日本人のおならに比べて、西洋人のおならは臭い』
と言われる原因はそこにあります。
もちろん、ベジタリアンの西洋人の方もいらっしゃいますから、ステレオタイプに『外人=おなら=臭い』と思い込むのはいけません。

それでは、どのようにして腸内で発生するガスを減らしたら良いのでしょうか?
それは、便通を良くすることです。

便が腸内に長い時間溜まっていると、悪玉菌による腐敗が進み、臭いにおいのするガスが溜まってきます。
便秘で何日も便が出ない人のおならが臭いのは、臭いにおいのガスが大量に発生するからです。
その予防として便通を良くするためには、食物繊維を多く摂ることが大切です。
食物繊維は、水分を吸収保持し、便の量を増やします。
量の多い便が腸を刺激し、便の流れが良くなるので、長くとどまっている場合に比べ腐敗によるガスの発生は少なくなります。
また、直腸に降りてくると強い便意が生じるために、快便となります。

食物繊維が少ないと、水分を保持しにくいので、量が少なく硬い便になります。
便の量が少ないと腸を刺激しないので腸の動きが悪くなり、便は長時間腸内にとどまることになるので腐敗も進み臭いおならが溜まります。
直腸に降りてきても量が少ないので便意が弱く、直腸に長時間溜まっている間にも水分を吸収されてカチカチの石のような便になってしまいます。
そんな便を無理に出すことによって肛門に負担をかけ、痔の病気(特に裂肛や痔核)の原因にもなってしまいます。

食物繊維以外は、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌を摂ることも良い事です。
乳酸菌は腸内の『善玉菌』を増やすことにより、腐敗によって臭いガスが発生することを防ぎます。
また、食物繊維と乳酸菌を共に多く摂る事によって、さらに善玉菌の量が増えると言われています。

潰瘍性大腸炎の患者さんは、腸内の善玉菌に比して悪玉菌が多いという事が解っていて、最近善玉菌を多くするために、健康な人の便を注入する(鼻から管を十二指腸まで入れて流し込む)方法が注目され、臨床試験も行われています。

Dr.OKが医学生の頃、おならが出るのは病気とは考えられず「出なかったら病気だ」と教わり『出もの腫れもの、所かまわず』が治療法であると習ったような覚えがあります。(^^ゞ
しかし「呑気症」をいう、空気を飲み込む癖のある人がいて、たとえば「早食いで食べ物の中の空気を大量に飲み込んでいる人や、入れ歯の具合が悪くて噛みながら空気を飲んでいるお年寄りが、食事の時に空気を飲みこむことによって大量のおならが出る」という説明は聞きました。

それが最近『空気嚥下症』という病気が注目を浴びています。
何と日本人のおよそ1500万人(8人に1人)が悩んでいるというから驚きです。
症状もゲップやおならが多いというだけではなく、胃の痛みや不快感、胸の圧迫感や動悸、腹部の張り、腹鳴など、多彩な症状が出ます。

原因もいろいろだですが、注目されているの原因として、唾と一緒に空気の泡を飲み込むというものがあります。
『噛みしめ呑気症候群』というのもが、泡を飲み込む原因となっているそうです。
噛みしめることで上顎に舌が押し当てられ、溜まった唾液を反射的に空気と一緒に飲み込むことで起こるのです。
噛みしめ呑気症候群の場合、顎の筋肉を緊張させることによって、顎の痛み、肩こり、首の痛み、頭痛、耳鳴り、目の奥の痛みなどという多彩な症状も合併することもあります。

また、ガムなどを噛む習慣でも、泡を飲み込みやすいし、姿勢が悪くて猫背の人は無意識に上下の奥歯が接触して噛みしめと同じ状態になるので要注意との事。
長身のため猫背がちになりやすいDr.OKも気を付けます。(^^)v

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし51:まじめなおならのはなし Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる