特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし34:間違いだらけの肛門科選び(2)

今回は、腕の良い痔の専門医を見つけるコツについて話したいと思います。

まず第一に、多くの患者さんが思う事は、
『立派な建物の病院が良いのではないか』
という事。確かに
【治療が良い】⇒【患者が集まる】⇒【病院が儲かる】⇒【立派な病院を建てられる】
という図式が当てはまるケースもあるだろう。

しかし、患者さんが“良い治療”と信じているものが、全て本当に良い治療である保証は無い。
たとえば、手術する必要のない軽い痔を手術すれば、術後の経過も順調(傷が小さいから当然痛くないよね)で、病院も手術代が入るというウインウイン【win-win】の関係が成り立っている場合だってあるだろう。
それに銀行は名医だから大金を貸してくれるわけではないから、経営者の度胸と手腕で立派な病院を建てることはできる。

次に挙げられるとしたら、
『専門医の資格があるか』
という事。
大腸肛門科医師として取るべき資格の代表的なものとして、日本大腸肛門病学会専門医というものがあり、学会のホームページでも一般の人に公開している。
http://www.coloproctology.gr.jp/doctor/

Dr.OKもこの資格を取っているが、ちょっとした問題がある。
この学会には、肛門の手術を実際にやっている医師だけではなく、大腸外科を専門として大腸癌の手術が得意な(痔の手術はあまりやったことがない)外科医や、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の治療を熱心に行っている内科の先生も参加している。
大腸肛門病学会の専門医試験は、それまでの臨床経験を書類審査し、さらに最近では筆記試験(Dr.OKのころは口頭試問(^^ゞのみ)で行なわれているが、書類審査内容も試験も肛門外科、大腸外科、大腸肛門内科が別々に行われていて
【日本大腸肛門病学会専門医】=【痔の手術の名人】
という事には、残念ながらならないことにある。

では、患者さんはどうしたら【痔の手術の名人】を見分けることができるのだろうか。
一つは、信頼できる医師に紹介してもらう事。
やはり、一般の人が知っているよりは医師仲間の方が情報を正確に持っていると思うが、これも肛門科というものにそれほど興味がない先生だと、仲間内で流行っている病院を紹介する程度の情報であることもある。

二つ目としては、病院のホームページで丹念に医師の経歴を調べる事。
いくら、大学や大きな病院で活躍していたところで、それが必ずしも痔の手術に熟達していることにはならない。
特に大学病院で痔の治療を熱心にやっているところは皆無に近く(だって、泌尿器科の医局はあるけど、肛門科は無いからね)、痔の治療で有名な病院にどのくらい長く勤めていたかという方が、まだしも指標になるというものである。

三つ目に、遠慮なくDr.OKにメールで問い合わせください。
dr-ok@mtg.biglobe.ne.jp
Dr.OKが長年修行していた社会保険中央総合病院大腸肛門病センターには、全国から熱心な医師が痔の手術を勉強するためにやってくる病院だから、一緒に働いた上で信用できる【痔の手術の名人】を何人か知っていますからね!(^^)!
ただし、少しぐらい遠くても通院するくらいの覚悟はいりますから、そのつもりでね!(^^)!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック