Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS Dr.OKのまじめなあそびのはなし1

<<   作成日時 : 2013/05/21 02:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

『医学は肉体の救済はできるが、魂の救済をすることに関してはほとんど無力である』
最近この言葉が頭に浮かんで以来、魂の救済ができるものは何かと思いめぐらせ、芸術の価値を再評価するようになった。

なんちゃって、難しそうな事書いているが、実際には皆それぞれの方法で体得している事であろう。
Dr.OKにとって、身近な芸術と言えば、音楽と美術である(まるで、高校の選択科目みたいだね)

父親がクラシック音楽ファンで、金属の針でSPレコードを鳴らしている環境で育ったので、クラシック音楽の有名どころは旋律が頭に焼き付いている。
残念なことに、それに反抗するように自らクラシック音楽を聴こうとしなかったので、鼻歌で旋律をなぞることができても、「はて、誰の何という曲だったか?」と考えても、いっこうに名前が浮かんでこない。

高校生のころ(昭和40年代後半)、若者の間ではフォークとロックが流行っていた。
フォークは、吉田拓郎。ロックはレッド・ツェッペリンが一番人気だったと記憶している。
Dr.OKはどちらかというとロック派だったけど、その当時の井上陽水の曲は全部歌うことができる。
それにしても、「傘がない」の歌詞って、シュールですよねぇ。

最近、同年代の人がテレビ番組のディレクターをやっているのだろうか、若いころに聞きなれた曲がドラマの挿入曲に使われていたりして、嬉しくなることがある。
昨年NHKの大河ドラマ『平清盛』の乱闘シーンで流れていたのが、何を隠そう、エマーソン・レイク&パーマーの『タルカス(噴火)』をオーケストラの演奏で使っていたんですね。

<実際の音源はこちら>
http://www.youtube.com/watch?v=xeNg86l_ok4

もう一つの趣味の美術。
小学生の時に「お絵かき」を習っていたので、図画は得意だったんだけど、長じて練習しなくなったものだから、現在では自信があるわけではない。
一生の伴侶に選んだ人が、偶然にも『陶芸作家の娘』だったので、その影響で美術全般の造詣が幾分深まり、陶芸作品には生意気にも、一家言を持つようになった。
幸い、義父の作品は、陶芸作家ではまれにみるほど多種多様で、
青瓷、織部、志野、紅志野、鼠志野、灰釉、飴釉、鉄釉、黄瀬戸、瀬戸黒、天目、唐津、備前、伊賀、井戸茶碗、蕎麦、粉引、伊羅保 etc.
と、聞いた事もない種類も含め、実物を手にしたり実際に使う事も叶うようになったので、あっという間にイッチョマエの陶芸ファンになった。
その縁もあって、いろいろな美術関係者に直接話を聞く機会も恵まれ、趣味としての陶芸鑑賞の域を超える情報を得ることができることも、幸いである。

最近は、8月21日から26日まで、大阪の阪急うめだ本店で開催する、義父の回顧展の『宣伝係』を仰せつかり、得意なパソコンを駆使して、Facebookページを作って、日々宣伝活動に忙しい。
画像



<Facebookページはこちら>
http://www.facebook.com/mineo.youhen.art

それにしてもFacebookページの力はすごいものがある。←と、またまた得意のパソコン分野に話は飛ぶ。
Facebookに登録していない人でも閲覧が可能で、『いいね!』というボタンを押すと、更新情報が自動的に送られる。ちょうど、新しい製品が出たら、自動的にダイレクト・メールが送られるようなものである。
さらに、Facebookで友達になっている人にも情報が広がっていくので、あっという間に全世界にネズミ算式に宣伝効果を高めることができるのである。
それが、まったくの無料で利用できるのである。
最近、企業のFacebookページが多いことは、こういう効果を期待しての事であろう。
病院の宣伝にも使えそうだし、自己プロデュースできる時代になったのである。

「なんか、個人情報が抜かれるみたいで怖いから・・・」
なんて躊躇している人は、今の時代「墜落すると怖いから」と飛行機に乗らない人と同じである。
激しく競争のある世界で、どちらが勝者になれるか、火を見るより明らかであろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dr.OKのまじめなあそびのはなし1 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる