手術のビデオ

先日、手術の記録をしているビデオカメラ(テープ式:買って4年くらい)が壊れてしまって、修理を見積もったら18000円もかかるうえに、既にテープ式のビデオカメラは製造していないことが判明。
「こりゃ買い替えだ」と安そうなビデオカメラを探していたら、店員さんが勧めてくれたのがデジカメのビデオ機能を使うという手。

発売一年を過ぎて、特価になっていた20500円のサイバーショットを買いました。
昨日撮影してみて、その画像のきれいなことに唖然。
1500円くらいで8Gのメモリーカードを入れて1時間録画可能。!

これを使って、手術の記録を録画してみた。
たいていの患者さんは
「医学の進歩や、患者さんの教育のために、ビデオを撮影して公開する必要があります。お嫌でなければ、協力していただけないでしょうか」
と、まじめに真摯な態度でお願いすると、
「顔が出るわけじゃないから、良いですよ。どんどん使ってください」
と、快く引き受けてくれる。

これも、患者さんとの信頼があってからこその事で、それまでの診察を親切丁寧に、
「あなたの健康を回復させるために、全身全霊、努力を惜しみません」
という姿勢を伝えてあったからこそである。
流れ作業で『通り一遍』の診察をしていたのでは、こういうわけにもいかないだろう。

撮影しながらの手術は、どうしても時間と手間がかかる。
自分の忍耐だけではなく、周りのスタッフの忍耐も限界を超えないように、いつもの何倍も気を遣い汗もかく。
それでも、出来上がった美しい(手術のビデオを美しいというのは、私も相当なヲタクと言えるかも(^^ゞ)ビデオを観て、その苦労も吹き飛んでしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック