Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし17

<<   作成日時 : 2013/01/29 22:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

「せんせーおしりがかゆいでかんわ〜」(標準語訳:先生、おしりがかゆいのです)
と、名古屋弁なら言うと思ったら大間違い。
最近の名古屋では、こういう『みゃ〜みゃ〜』の名古屋弁は、それほど聞かれなくなった。(といっても、名古屋を離れて早くも四半世紀余り、実際のところはわからんがや〜)

「おしりがかゆいって言うと、おしりのほっぺの部分がかゆいんですか、おしりの穴のところがかゆいんですか」
ここは、肛門科である。おしりのほっぺたの部分がかゆければ、皮膚科に行くであろう。

そんなわけで、おしりの穴がかゆい病気。肛門掻痒(そうよう)症についてのおはなし。
おしりのかゆみの大部分は、便や汗によるかぶれが原因である。
かぶれているものに対しては、『肛門周囲湿疹』という診断名がつくが、見たところ正常皮膚と何の違いも判らないものもある。

とにかく、便の刺激は皮膚にはかなり強く、くっついたままにしているとすぐにかゆくなってしまう。
「しっかり拭いているのに、かゆくなるんだけど・・・」
そうおっしゃっている方には、こちらの懐かしいCMを見て欲しい。
http://www.youtube.com/watch?v=NfXkuVDOxOs

「でも、以前は拭いただけでなんともなかったのにねー」
そうなんです。おしりも老化するのです。
子供の肛門は、出口のところがきゅっとつり上げられたような構造になっていて、周囲もきれいにツルツルなんですが、使いこんだ老化した肛門は、肛門の皮膚がたるんで外に出やすくなるし(その最たるものが痔核の脱出、いわゆる脱肛)肛門周囲の皮膚にも弾力性が無くなってシワが多くなって、こうなるときれいに拭いたつもりでも便が残ってしまいます。

治療法の基本は、CMにもあるように洗浄によって肛門についた便をきれいに洗い流す事。
シャワートイレの設備がない場合は、携帯用の洗浄機も市販されています。
http://www.spuler-jpn.com/index.htm
画像

充分に洗浄できたら、押し拭きして、決してゴシゴシこすらないようにしましょう。気持ち良いからと言って、お風呂で肛門をゴシゴシ洗うのは禁物。皮膚の安静を保つようにしましょう。
洗浄した後は、湿疹用の軟膏をぬって治療します。痔の軟膏の中には、局所麻酔材の入っているものが多く、まれに局所麻酔材でかぶれることがあるので要注意です。
このような、軟膏での治療を最低1か月は続けるようにしましょう。新しい皮膚が出来上がるのに、1か月くらいかかるからです。

まれにカンジダというカビの一種によって引き起こされる、カンジダ性湿疹というものがあります。これは普通の湿疹より痒みが強く、典型的なものは皮膚が赤くかぶれます。
この場合は、ミズムシと同様に抗真菌剤の軟膏による治療が必要で、湿疹用の軟膏に含まれているステロイド剤で悪化することが有名です。
自己治療で、なかなか治らない痒みがあったら、肛門科か皮膚科を受診してください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし17 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる