Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし10

<<   作成日時 : 2012/10/17 01:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、前回は裂肛(呼び名が混乱しやすいので、『切れ痔』という言い方はやめましょう)の保存治療、要するの薬で治す方法についてお話しました。
本来、傷を治そうとしたら、皆さんどうします?傷の部分は清潔にして、安静を保つことを心がけるでしょ?

額に傷があるのに、絆創膏も張らずヘディングの練習をさせる、スポ根(←これって、流行らなくなりましたよね。今や死後?)ドラマも裸足で逃げ出すようなことはしないでしょ?
まぁ、そんなことしたらボールが血だらけになって、キックは良いとしてもスローインを誰がするか、血液による感染(肝炎やHIVなど)の知識が一般化している現在では、もめることになるでしょうな。

話は、ちょっとずれるけど、心肺停止の人をマウス・ツー・マウスで人工呼吸しなくちゃならないとき、口に傷ができて出血がある場合は、救急隊もやらないことになっているそうです。

話を戻して、いったい何が言いたかったかというと、裂肛の傷は治る環境としては最悪の状態にあるということ。毎日(人によっては週に一回という強者もいるようだけど(-_-;)便が出て汚れるし、その際に傷が拡げられて安静が保てないわけで、治ったらもうけものとしか思えない。
しかし、そこが神様が作った人体の神秘、肛門は体の中で一二を争うくらい感染に強いところなのです。

画像それでも、前回お話ししたように肛門の上皮は血流も悪く、傷が治りにくいので、長期間にわたって傷が治らず、便をするたびに泣くほど痛いような人は、手術を覚悟されて来院されます。
そういう、慢性化して裂肛の傷は、いわゆる『深掘れ』状態と言いますか、傷のふちをえぐるようにすこし皮膚の下まで達するような傷になっていて、皮膚の方としても傷を覆うように攻めあぐねる状態になっています。

また慢性的な傷の刺激で、傷の外側の皮膚は分厚く固くなっていて『みはりいぼ』と呼ばれるふくらみになり、ちょうど傷にはまった便がスムースに外に出るのを邪魔をする堤防のようになっていて、傷が清潔に保たれることを妨害します。

さらに傷の内側には、ご丁寧にもポリープができることが多く、このポリープが大きくなって排便のたびに肛門の外に脱出するような場合もあります。
このように、裂肛に伴ったポリープが出てくる場合は、脱出するたびに傷が引っ張られて安静が保てませんし、脱出するポリープを肛門内に戻すのに激痛を伴いますから、速攻手術をおすすめしています。
私の経験では、脱出するポリープに伴った裂肛は、薬で治ったためしがありません。

もう一つ最後に、裂肛に伴う症状として、肛門狭窄があります。
これは、狭窄が原因で裂肛になったのか、はたまた、裂肛を繰り返しているうちに傷跡が縮んで裂肛になったのか『卵が先か、鶏が先か』のような問題になってきますが、肛門狭窄にも二つのタイプがあることをご存知でしょうか?

知らない?、当然でしょう。肛門科を名乗っている医者でも知らない人が多いんですから。(-_-;)

一つのタイプは、肛門の上皮が弾力性を失って広がらなくなり、肛門狭窄をきたすもの。
もう一つは、肛門の上皮は弾力性を持っているのに、上皮の下にある内括約筋がちょうどリング状に固くなっていて、肛門が広がらないタイプ。
これらの、狭窄の原因のちがいによって、二つの手術の適応が違ってきます。

さあお待ちかね、実際の裂肛病変の『生写真』でっせ!今回もぼかしモザイク一切なし。赤裸々な一枚を見たい方は、自己責任でスクローーーーール!!!






















画像

イラストとは上下逆になっていて、画面の上が肛門の外です。

まず、お見せしたかったのは肛門狭窄。腰椎麻酔を行った後ですから、患者さんは痛みを感じていません。そのような状態で器具を入れて肛門を拡張しようとしていますが、指一本くらいしか広がりません。
狭窄の無い肛門でしたら、この三倍は広がります。
裂肛の傷の周囲が白っぽくなっているのは、上皮が瘢痕化(傷跡)して弾力性を失っている事を示しています。
また、傷は深掘れ状態になっていて、傷は少し上皮の下までえぐるように存在します。

裂肛の傷の上側のやや色がうすいふくらみは、みはりいぼです。肛門を広げているので、実際よりはすこし平坦になっています。

裂肛の傷の下側は、肛門ポリープになっています。
これが脱出することで裂肛の傷が安静を保てず治りにくいばかりではなく、脱出を戻そうとすると裂肛の傷を刺激し、激痛を伴います。

次回は、この二つの手術、L.S.I.S法とS.S.G.法についてお話ししましょう!(^^)!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし10 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる