Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし7

<<   作成日時 : 2012/09/04 00:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 65 / トラックバック 1 / コメント 0

それでは、次の代表的な痔の病気、痔ろうについてお話しいたします。
痔ろうは別名『あな痔』といいます。
おしりの周囲に小さな穴が開いていて、いつも少しずつ膿が出る。膿が出なくなったと思ったら腫れてきて、大噴火、大量の膿が出て、また元のような穴が残る。まるで、火山活動のようなことを繰り返しますが、火山同様いつ腫れて噴火するのかは予想がつきません。
例によって、病変部のエグイ写真がこの下で登場いたします。
自己責任でスクロールしてご覧ください。


























画像

写真は、肛門後方に小さな穴が開き、いつでも膿を出している典型的な痔ろうの写真である。膿が出ている間は、痛みも腫れもないが、皮膚が再生して膿が出られなくなると、急に腫れて痛みが生じる。

中には、いったん表面的には治ってしまって(診察すると、しこりを触れる)、『もう大丈夫』と思っていたら、忘れたころに噴火するような休火山状態のものや、診察してもしこりも何もなくなってしまい、「手術をやってくれ」と言われてもどこを切って良いものやら分からない死火山状態のものまで、いろいろあります。


画像では、痔ろうはどうして発症するのでしょうか。
肛門から奥に1.5cm程入ったところに、肛門上皮(皮膚のようなもの)と直腸の粘膜との境目(歯状線)があります。その境目の部分にぐるーっと10か所程度の窪み(肛門小窩)があります。この窪みに便の中の細菌が侵入して化膿(膿む)と痔ろうの前段階の肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)になります。
どうして、そんな厄介な窪みがあると言いますと、昔神様が、「人間はいくら文明が発展して生物の王者のような顔をしてもしょせんワシが作ったもの、時には痛い目に合わせて、自分の弱さを思い知らなきゃいかんがや〜」と考えて作りたもう(,_’☆\ バキ
ではなく、この窪みの奥に、肛門腺という分泌腺があって、今では退化器官として働きはないとされているのですが、そこへ細菌が侵入して免疫力を打ち負かして化膿が生じると考えられています。
化膿が表面的なものは、肛門小窩炎という肛門の奥が痛む病気になり抗生物質の治療で治ります。その化膿が奥まで侵入してくると肛門周囲膿瘍と言うわけです。

この、肛門周囲膿瘍、放置しているとどんどん勢力を拡大し、居ても立っても居られず夜も眠られない激痛になり、時には高熱が出ることもあります。それがうまい具合に皮膚の方に敗れたり、病院に行って切開を受けたりすると、膿が大量に出て痛みは嘘のように無くなります。

画像

膿がたまって腫れている肛門周囲膿瘍。

画像

皮膚を切開して、膿が流出しているところ。

これがうまく外に出ることが無く、体の免疫機能が低下していると大変なことになります。皮膚の下をどんどん広がって、血液の中まで広がってしまうと敗血症という全身が侵される恐ろしい病気になり、死を覚悟しなければならない状態になる事もあるので侮れません。
繁殖する細菌が、嫌気性菌が主体の場合、筋肉の表面にある膜(筋膜)に沿って急速に広がる壊死性筋膜炎という、表面的には大きな変化はないのに痛みは激烈で切開しても膿が出てこなく、感染した部位の皮膚を緊急手術で全部切除して救命するような怖い病気に発展する事もあります。
画像

写真は左の臀部全体に広がっている壊死性筋膜炎。皮膚の一部が壊死を起こし、黒色に変化している。

ここで話を戻しましょう。
膿が出た後は、抗生物質や鎮痛剤で治療していくと徐々に腫れや痛みはなくなって、多くの場合は小さな穴が残って、ここから膿が出るような状態になります。その部分を触ってみると、しこりが残っていて典型的なものは診察で肛門の中に向かったスジ状のしこりを皮膚の下に触ることができます。
この状態になったものを、痔ろうと言うわけです。
したがって、肛門周囲膿瘍の大部分は痔ろうになりますが、中には完全に治ってしまって、死火山状態になって、手術しようにも「どこにあるのかワケワカラン状態」になってしまうものもあります。
したがって、膿を出してからしばらく経過観察をして痔ろうになった場合は、手術をすることをお勧めしています。

痔ろうを放置しているとどうなるか・・・・
癌になります!
といっても、ご安心あれ。すべての痔ろうが癌になるわけではありません。複雑な、穴がいくつもあいているような痔ろうを、5年も、10年も我慢していて、急に痛みが強くなったり、しこりが大きくなった場合は要注意。
特に、痔ろうの穴から透明なゼリーのような物質が出てきた場合は、癌の可能性が高いです。
画像
写真は繰り返し膿が出た(青矢印)複雑痔ろうから発生した痔ろう癌(赤矢印)
痔ろうが癌になるのは稀ですが、いったん癌になれば肛門括約筋とともに肛門部分を切断して人工肛門にしなくてはなりません。
そうならないうちに、手術で痔ろうを根治することをお勧めします。
次回は、痔ろうの手術についてお話しします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 65
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
要注意!付き合いたい時に「男が思わずついちゃう嘘」10個【2/3】
女性と付き合いたいばかりに男性がつきがちなウソのパターンについてお伝えしています。前回は、高級レストランでメニューが読めないサウサゲ男性、「来年、ポルシェ買うんだ」と言い張る男性、彼女がいても「... ...続きを見る
恋愛コラムリーダー 〜Love Colu...
2012/10/25 01:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし7 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる