Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし5

<<   作成日時 : 2012/08/07 04:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

昔の痔核の手術は死ぬほど痛かった。
半世紀ほど前の事である。その当時の痔核の手術は、ホワイトヘッド法といって、肛門の中の皮膚(正確には、肛門上皮という)を帯状にぐるっと一周切除して、中の粘膜と外の皮膚を円形に縫合してしまうものだった。
縫合数が非常に多いから、「昔は、インターンの糸結びの練習のための手術と言われたものだよ」と、私の師匠である故隅越幸男先生から聞いた事がある。

この手術、肛門の中の痔核ができる部分をぐるっと一周切除してしまうので、うまくいけば一生痔核のできない肛門を手に入れることができる。
しかしうまくいかなかった時の後遺症が悲惨であった。

それでは、自己責任で、悲惨な肛門を確認していただこう。
初めての人は、矢印の下からは衝撃的な肛門の病変部や手術の写真が掲載してありますから、要注意です。



























画像

この写真を見て、なんだと思いますか?
これが人の肛門なんですよ。

写真の右半分、白く円周の一部のように見えている部分が、ホワイトヘッド手術で皮膚と粘膜部分を縫い合わせた縫合部分。
左半分は、直腸の粘膜が、肛門の外まで脱出している部分です。

患者さんは、常に直腸の粘膜が肛門外に脱出している状態になり、下着は粘液で汚れるは、粘膜がこすれて出血するはで、だれにも言えない悩みを抱えて外来を受診されました。


画像
こちらはどうでしょう。箸も入るか入らない大きさの穴。
これが人間の肛門なのです。

穴の周囲に白くなっている部分が、ホワイトヘッド手術で粘膜と皮膚をぐるっと円形に縫い合わせた縫合部分。
縫合しても、傷跡は縮む傾向があります。治る途中で縫合糸が取れてしまって傷が開くと、その部分は固い瘢痕となって縮んでしまい、その結果肛門が狭くなってしまうのです。

この患者さんの術後経過の詳細はわかりませんが、ホワイトヘッド手術を行った以降、肛門が徐々に小さくなって、現在では下剤を大量に飲んで、言を水のようにして出しているとのことでした。

このように、うまくいかないと悲惨な後遺症を残す可能性のあるホワイトヘッド手術に代わって登場したのが、結紮切除術です。

結紮切除術は、痔核の塊をそれぞれ切除して、傷の方向は縦方向にできるので、万一、傷の部分が縮んでも直腸粘膜が肛門の外まで引っ張り出されるようなことは起こりません。

それでは、結紮切除術をイラストで解説しましょう。

画像
灰色部分の痔核に対し、肛門外から内部に向かって点線のごとく切除範囲を決める。肛門上皮部分は術後に狭窄が生じやすいので、十分に肛門上皮を残せるように切除幅を最小限にする。

画像
痔核をはがすように切除したら、根部に針で糸を通し結紮(結ぶ)する。この部分には、痔核に流入する血管が入っていることが多いので、痔核を切離したときに出血を防止する意味がある。
ここで、痔核を切離して終われば、『開放式結紮切除術』であり、現在、痔核手術のスタンダードとなっている。

画像
さらに続けて、肛門の内部だけ縫合閉鎖する術式を『半閉鎖式結紮切除術』といい、私が17年間所属していた社会保険中央総合病院大腸肛門病センターで標準術式として行われている。
便が通過する肛門内の創を縫合閉鎖することで、術後の痛みが軽減され、切除面からの出血を防止し、切除範囲を小さくすることで術後の肛門狭窄を防ぐ効果がある。

画像
肛門内の創を縫合し、肛門外だけに創を残す。
この、残した創は『ドレナージ創』といい、術後の腫れを防ぎ痛みを和らげる効果がある。

この手術のおかげで、手術後の痛みは大きく軽減され、排便時以外はそれほど痛むことはなく、入院患者さんもベッドで安静にしている人は少なくなった。
現実に、病室に回診に行っても会えない人が多いですぅ。(^^ゞ

今回は、手術の写真が無くて、残念と思った読者も多いことでしょう。
しかし、しかしですよ、これで満足するDr.OKぢゃあーりません。

実は、患者さんにお願いして撮影した手術のビデオがごっそりストックしてあって、現在編集作業中です。
YouTubeを使って、『限定公開』を設定したいと考えています。

リンク先は、8月10日にまぐまぐで配信される『大腸肛門おまかせ通信』で公開予定とします。

手術ビデオを見たいという、勇気のある人探究心旺盛の人は、ぜひ下記のURLからまぐまぐを開いて、登録をしておいてくださいm(__)m
http://www.mag2.com/m/0001559312.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特選!Dr.OKのまじめなおしりのはなし5 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる