Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS いじめ自殺問題の根本解決法

<<   作成日時 : 2012/07/16 09:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、母校の同門会で、長尾能雅教授のお話を伺う機会を得た。
数年前から話題になっている、医療事故を防止するための専門家で、肩書きも『名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 教授』という舌を噛みそうな長〜い友達肩書きである。

その講演の中で、かつて人工透析をする場合、滅菌済みの複雑な透析回路の組立を医者自ら行っていて、それが透析専門医のプライドのようになっていたが、仕事の忙殺されるがあまり当然のこととしてミスが起こる。

患者さんの生死に関わるような大事故は起こらないにしても、ヒヤッとすることは、頻繁に起こっていたようだ。
そこで、『臨床工学技士』という専門家が登場し、複雑な医療器械の管理保守を行うようになってから、そのような医療事故寸前の事態は激減し、医師も自分の専門である診療に力を注げるようになったとのことである。

画像この話を聞いた直後、大津市の中学生がいじめを苦に自殺したという報道が大々的に行われ、マスコミは一斉に当事者である中学校を叩くは叩くは・・・
いったい、この数年間に同様のいじめが原因の自殺が何度報道されたことか。
全く進歩していないぢゃないかぁ〜〜〜!

この手の報道がされる度にDr.OKは
「学校内の暴力やいじめの問題を、教師という職業の業務として良いものであろうか」
と疑問に思う。
教師は『正しい知識を教える』ことが第一の仕事であり、暴力を振るう生徒から身を守る護身術を学んでいるわけではない。
また、親の子供に対する接し方が関与しているいじめ問題(今回のいじめ問題の加害者の親から「うちの子供が自殺したらどうしてくれる」との発言があったと報道されていた)に対し、家庭内まで言及して何か権力を行使できるわけでもない。

アメリカのように拳銃を持った生徒がやってくるような環境なら、武装警官の常駐がすぐに決まるだろうが、水面下で行われ対応が非常に難しいいじめ問題を、
『学校で起こったことだから、教師が責任を持つのが当然でしょ』
と鬼の首を取ったかのように責め立てても、問題の解決になならないと思う。

臨床工学技士の活躍で医療事故が減ったように、教育の現場にも何らかの校内暴力やいじめに対する専門家が必要なのではないか。
それこそ『教育の質・安全管理 教授』なんて人が、教育学部に誕生しても良いかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
よくぞ言ってくれました!今の教員、学校には、昔のように違法・不道徳行為を行う生徒を、強制的に鎮圧できる権限も力も奪われています。警察には究極の政治権力がありますが、教員にはありません。世間が文句をいうならば、もっと昔のような強い政治権力を与えてほしいです。親やマスコミが学校の自浄能力を奪ったと思います。
赤い彗星
2012/07/16 20:02
私は、1970年2月生まれで、大阪府池田市在住です。

私も、 池田市立細河中学校に通っていた時、 小柄だというだけで 、担任の江藤ますみと、複数の部落民である北古江(地名)の奴らに、いじめられていました。

江藤ますみからのいじめは、毎月、席替えがあったのですが、私だけが、教卓の前の席と、決められていて、席替えに、参加させてもらえませんでした。

部落民の奴らからは、毎日、「 小児麻痺 」と言われ続け、筆箱を、何回も壊されました。

私は、小柄ですが、勿論、小児麻痺ではなく、身体にも知的にもなんの障害もありませんし、私の母も、障害児を産む様な、卑劣で冷酷な女性ではありません。

江藤ますみも、 部落民の奴らに 遠慮し、「 小柄なあんたが 悪い 」と言い、全く 、注意もしてくれませんでした。

部落差別とかいうけど、池田市は、全く逆です。

今思えば、私の筆箱を壊した部落民の奴らを、器物破損罪で、刑事告訴して、少年院にぶち込んでいればよかったと、後悔しています。

私を、いじめた部落民の奴らと、席替え差別をして 私を、いじめた部落民の奴らを、全く注意をしなかった、江藤ますみを、一生許せない。

私は、部落民の奴らにいじめられた為、埼玉県狭山市で、女子高生を誘拐して殺した、人殺しの部落民の石川一雄を、一生、真犯人だと、信じることにしました。

私は、一生、部落民を嫌うことで、復讐する。
部落なんか大嫌い
2012/07/17 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
いじめ自殺問題の根本解決法 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる