Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめてのそうなん

<<   作成日時 : 2012/05/05 04:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Dr.OK、子供のころは『名犬ラッシー』のように、遠くに行っても迷わず家に帰ることができた。
この能力は、DNAに組み込まれているはずで、太古の昔にこの能力が劣っていた者は、道に迷ったら(道すらないかもしれない)待っているのは死あるのみ。当然の結果として、このDNAを持っている個体のみが子孫を残せるはずで、自分も含め現代人にはもれなく、迷わず家に帰る能力を備えているはずである。

ところがこの能力も、10q位難なく走れる能力と同じで、使わなければ発揮できなくなる。
Dr.OKもご多分に漏れず、知らない街では地図を使ったり、タクシー利用したりして、道に迷うことを避けるようになった。

そんな中で、CPUの急速な進歩により、昔だったら家が飼えるような機能を備えたスマホなるものが登場。
内蔵されたGPS機能をつかって、地図上に自分の位置、目的地、経路(電車、自動車、徒歩別)を記載することができる。

画像昨日もスマホで音楽を聴きながら散策。『ちい散歩』の如く、裏道まで入り込んで珍しいものを探した。
そんな中、『縛られ地蔵』なるものを発見。いつもはしないが、最近宗教の必要性を感じているDr.OKは帽子をぬいで神妙に手を合わせてきた。その時に、お賽銭を入れなかったのがいけなかったのか(そんなこと、ないよなぁ)、そのあとで道がわからなくなった。

「スマホがあるさ」ということで、MAPアプリを起動。家の住所を入力して、現在地からの徒歩での経路を検索・・・したところ、現在地は地図上に示されたものの『サーバーにアクセスできません』というようなコメントが出てきて、経路は示されない。

「ま、いいか。地図があれば大丈夫」
とばかりに、地図と現在いる地名を見比べあがら、帰路と思われる道をたどっていった。
しばらくすると、どうもおかしい。どんどん家からは離れているようだ。途中で、水分補給もしたのでオシッコが・・・
前立腺肥大気味の中高年男性は、これがなかなかキビシイ。急にモレソウダァレベルに達し、急遽タクシーをとめて家の住所を言ってほっとした。

ドライバーさん:「ずいぶん遠くまでお散歩されましたねー」
DrOK:「GPSがあるから、まさか迷うとは思わなかったんですよー。山での遭難も、予定していた装備に不具合が生じて、おこるんでしょうかね?」
ドライバーさん;「そうなんですよねー」
ユーモアを解する、面白いドライバーさんであったのが、せめてもの救いであった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はじめてのそうなん Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる