花いっぱい

昨日は、4月上旬ほどの気温に冷たい雨。
今朝も、曇りだけれど、空気はひんやり。
今年は、なかなかカーッとは暑くならない。

そのおかげか、咲いた花は長持ちするのか、朝の散歩を咲き乱れる花が迎えてくれる。
車がすれ違う事の出来ないような路地に、それぞれの家が趣向を凝らした花々。
今日一日で、気づいたものをお見せしよう。

画像
コンクリートの塀からはみ出した、満開の白いバラ。
花がなければ、そっけない印象の塀が、バラの鉢のような役割をしている。

画像
地面に余裕がなければ、ポットに咲き乱れる花々。
種から育てる余裕がなければ、Dr.OKも得意技としているが、園芸店で150円程度で売られている苗を植え変えるだけで、見事なフワラーポットに仕上げることができる。

画像負けじとばかりに咲く、赤いバラ。
いいないいな、好きな色。

画像
花でなくとも、赤いモミジ。
葉っぱを楽しむ、新しい種類も次々に開発され、園芸店に行くと見たこともない美しい葉っぱの植物が並んでいる。

画像名前を知らない、白い花。
素敵な窓と、異国情緒を醸し出す大きなシュロの木が、カタログの1ページみたい。

画像
地面もポットもいらない、精巧な造花。
部屋の中から楽しめないものの、行きかう人の心を明るくさせようとする、主の心意気が表れている。

毎日、路地を変えるだけで、いろんな花が迎えてくれるのは、都会の散歩の醍醐味でもある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック