『美しい国・日本』

毎朝、公園の周りを散歩(まだ、体重がおもすぎてジョギングできないから)の途中、大勢の人とすれ違う。
始めは、何となく照れくさいから、目が合わないようにしてすれ違っていた。
そのうち、細い歩道などで親切に道を譲って(ガタイのでかい、強暴そうな男が来たから、『君子危うきに近寄らず』と思っているのかもしれないけど)くれる人には、小声で「おはようございます」と言う事にした。

最近では、朝の発声練習の代わりに、できるだけ声を響かせて通る声で
 「おはようございまーすっ!」 

そうすると、ほぼ100%「おはようございます」という返事が返ってくる。
私より一回り以上年長と思われる、帽子をかぶった人たちは、帽子のつばに手をあてて、ちょっと浮かせるような感じで「おはようございます」という事が多い。
これがまた、スマートでかっこいい。

『ネプ&イモトの世界番付』という番組で、親切な国ランキングというのをやっていた。
歩道をあるいているオレンジをいっぱい入れてある紙袋を持ったレポーターが、わざとオレンジを落として、何人の人が拾うのを手伝ってくれるか、隠しカメラで撮影して、各国を評価する企画であった。

全く無視されてしまう国から、手伝っても足で蹴ってよこす国など、ちょっと日本の常識では考えられない対応も多い中、日本では見事全員が腰をかがめて、拾うのを手伝ってくれた。
「そんなのヤラセだよ」と言えばきりがないが、単純なDr.OKは
「日本って、なんだかんだ言っても、やっぱり美しい国なんだなぁ」
と感心してしまった。

なにも、君が代を歌うことを強制したり、日の丸にお辞儀をしない人を非国民呼ばわりすることだけが、『美しい国・日本』というわけじゃないと思うんだよね。

下のビデオ、日本人なら(Dr.OKもそうだけど)大部分が感動してしまうだろう。
しかし、そういう日本人の気持ちを利用されて、先の戦争に無批判に同調し、私の父を含め犠牲者になってしまった人も多かったことを忘れてはいけないと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック