着メロつくりにはまってる

ずいぶん前、電車の中などで急に歌が流れだし、それが携帯電話の着信音であることがわかった。
その後、それが『着メロ』と呼ばれるものだと知った。

その当時、着メロを使っている人は、単純な呼び出し音と比べておしゃれだと思っているのだろうが、
「大勢の人に自分の趣味を知られるのは、気恥ずかしいなぁ、特に歌詞があると、『なんだ、あのおっちゃん、中二病や』なんて思われるのもいやだなぁ」
と、自分が使う事は遠慮していた。

それが、iPhoneを使い始めて数日、自分の音源から好きな部分を切り取って着メロを作ることができることを知り、がぜん挑戦してみたくなった。

PCで検索したマニュアルページをノートPCで表示させ、隣のデスクトップでiTunesを使って、好きな曲のかっこいい部分を切り取って、着うたにできるファイルに変換。その後iPhoneと同期させることで、意外と簡単にインストールできた。

明日から当分、Dr.OKの着信音は、かつて「名ばかりのGTは道を開ける」という、センセーショナルなコピーとともに流れていた、有名なロックの前奏部分。
とはいっても、電話でおしゃべりをする習慣のないDr.OKの携帯はめったに鳴らない。
鳴るときは大抵、病院からの連絡なのである。

「先生、至急病院まで来て下さい」
に伴って鳴る曲が、新たなトラウマになってしまわないように・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

雨林
2012年04月29日 09:53
・・・爆笑。
2012年04月29日 11:43
うほほ~い、うけたーっ

この記事へのトラックバック