便利グッズ

画像

上の写真。何に使うものでしょう。
実は、Amazon.co.jpで見つけたレトルトパック用のトング。
説明書によれば

『「レトルトパック用トング AL-89」は、レトルト食品パックを熱いお湯から取り出す調理にお使いいただくと大変便利なトングです。熱湯から取り出し、切り口をハサミで切れば、そのまま注げます。』
とあり、価格は¥ 1,785。

使用方法は

1、(トングを開く)  ハンドルを開いて下さい。下部のパックをつかむ部分が開きます。  
2、(熱湯から取り出す)  パックの横の縁をはさむようにセットし、ハンドルを握り込みます。この状態でトングがパックをつかんだことになります。(*この時トングにパックがしっかりつかんでいるか確認して下さい。)
3、(開封)  パックをつかんだまま、はさみで開封して下さい。  
4、(盛り付け)  そのまま器に盛り付けて下さい。

と、一つの器具で、鍋の熱湯で温めたレトルトパックを安全に取り出し、下手に手で破ると飛び散ることもあるパックをはさみで開封できるという、『スグレモノ』らしい。でも高いね(-_-;)

Dr.OK。
減量中で、朝飯ガッツリ、夕飯ちょっぴりの生活を続けている。
早朝、誰も起きていないキッチンで、一人で朝食の用意をするのだが、時にイチロー選手のように朝カレーに挑戦する

玄米ご飯をレンジでチンする間に、レトルトのカレーを温める。
以前は、鍋にたくさんのお湯を沸かして、温めていた。そうすると、お湯が温まるまでに時間がかかるし、アツアツのレトルトパックを取り出すのに、菜箸では滑るし、パックの縁だけを熱湯から出して指でつかむと火傷しそうなので困っていた。

そこで考え付いた裏ワザ。
フライパンにほんのわずか(3㎜程度の深さ)水をためて温め、レトルトパックを入れる方法。
これなら、水が沸騰していても火を止めればパックの縁をお指でつかめる。
この際、縁をつかみやすいように折っておくのがミソ。
慎重にやりたかったら、流しにお湯を捨てて少し水を足せば、安全に取り出せる。

あとはキッチンばさみで開封して、温めたパックごはんにかけるだけで、朝カレーの完成だ\(`∇\

さあ、この記事を書いているうちにおなかが減って、くぅーと鳴った。
今日は、先日の新東名ドライブの折にサービスエリアで買った
『完熟トマトカレーソース辛口』
を試してみよう。なんと600円もしたのだ←高っかー
原則的にケチなDr.OK、清水の舞台を飛び下りる勢いで買ったものでした・・・

P.S.
たった今、食べてみました。

なんと「カレーソース」と書いてあるとおり、具の肉や野菜は一切ない、どろどろのソースのみ。
注意深く箱の裏を見てみると、
「お肉や旬の野菜を柔らかくなるまで煮込み、具材のみを完熟カレーソースに加えれば、より本格的なカレーソースが召し上がれます」
と書いてあった。

わずか180gのソースで具材を煮込むわけにはいかないので、別の鍋で煮込むのだろうが、水で煮込んだら、肉や野菜の旨みがぬけてしまうだろう。レンジでチンして火を通せばよいのかなぁ。
誰か教えてください。

肝心の味は、まずまず。
今までに食べたことのない美味しさではあったが、600円出して、さらに具材を調理する手間をかんがえると、再度買うかは疑問(-_-;)

この記事へのコメント

雨林
2012年04月18日 20:06
こんばんわ。
お初のコメントさせていただきます♪
野菜は煮込む必要ありません。
カットした野菜をお皿に入れてラップして、5分くらいチンしたら加熱できてますので、
ご飯の上に野菜、その上にルーをかければOKです。
ちなみにカレーはどんな野菜でも大抵イケます。ゴボウ、大根ですらOKです。(当社比。笑)
じゃがいも、人参、玉ねぎのスタンダードタイプはもちろん、かぼちゃ、サツマイモ、蓮根、パプリカ
その他思いつく野菜でチャレンジなさってください。
2012年04月18日 22:39
雨林さん、初コメントありがとうございます。

野菜のレンジでチンは、私も得意としている技で、専用の加熱容器もありますから試してみます。

大根カレーなんて、どんな味がするのかミステリアスゥ。

肉はどうなるんでしょうね。カスカスにならなければ良いんですが・・・

この記事へのトラックバック