応急手当講習会

昨日、横浜のはまっこムエタイジム
http://www.hmg.co.jp/hamakko.htm
で、レフェリー対象の講習会が開かれ、そこで応急手当についての講演を行なった。

画像


5年ほど前、まだ社会保険中央総合病院に勤務していた頃、Dr.OKは全日本キックのオフィシャルドクターとして、リングドクターをやっていた。
その後、開業して忙しくなったため、遠ざかっていたが、最近時間にも余裕ができたため復帰の計画を立てている。
そんな時に持ち込まれたのが、怪我の応急手当についての講習会。
常にリングドクターがいる大会であれば良いのだが、医者がいない練習の時や小さな大会では、ジム関係者が応急手当をする必要があるからだ。

怪我の手当てについては、意外に、誤った知識が横行していると聞いている。
★医学的に見た格闘技界にある非常識★傷は縫わないで治せ????
詳しくは、リングドクター会の首領、中山健児先生のクリニックのホームページ
http://www.nkym-cl.com/column.html
を参照してください。

かつて、Dr.OKがリングドクターを務めた試合に出ていた懐かしい選手の方々と、今度はレフェリーとして再会することができた。
人々に勇気を与える仕事をわずかな報酬で務めている、選手やジムの関係者に少しでもお役に立てればと思っている。
因みに、Dr.OKの知り合いの選手は、休日といえども仕事のため参加できなかったのが残念であった。
みんな、頑張っているんだなぁ~。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック