空手大会医師で出陣

19日の日曜日、正道会館の空手大会の医師を勤めに言ってきました。

正道会館といえば、K1の覇者、故アンディ・フグ選手が所属していた有名道場。
粗相があってはならじと、準備万端なのは、慎重派のDr.OKならでは・・・
画像

写真に写っているのはAEDと縫合セット。
これ以外にも挿管セットまで持ち込んで、
「心肺停止状態で、しばらくはももちこたえられる」
準備をして、颯爽と参加。

画像

アマチュア大会ということで、安全重視のレフェリングがしっかりしていたため、これらの器具は登場の余地なく、ゆっくりと観戦させていただきました。
元気いっぱいの一般の部も見ごたえがありましたが、かわいい女の子の女子部、中高年参加のマスター部門など、久しぶりに格闘技の奥の深さを再認識いたしました。

これを機会にリングドクターへの復帰も目指しています。
全日本キック、全日本キック、応答願います。

この記事へのコメント

正道 KN アナウンサー ←命名 N ドクター
2009年04月28日 13:11
大変、遅くなりましたがお疲れ様でした!!
正道初参戦(?)ながら、余裕のリングドクター業務には、さすが!感が溢れておりました。
あんな感じのバタバタ大会でありますが、今後ともよろしくお願いいたします!
押忍!!

この記事へのトラックバック