痔の手術の傷

痔の入院手術の説明をした時の事。
「術後に1週間入院して安静にするのは、傷の治りを良くする効果もあるんですよ」
「それじゃあ退院した次に日には、傷は治っているんですね」
「完全に傷が閉じるのには、1ヶ月半くらいかかります」
「えぇーー、そんなに??」

どうもこの患者さん、以前に怪我で傷を縫った経験から想像しているようだ。
そのときは1週間後に抜糸して、傷はふさがった。

肛門の手術の場合、感染予防の点から完全に傷を縫うことは行わず、自然にふさがるのを待つ場合も多い。
退院してからは週に一回程度診察し、傷に異常がないか観察する。
2週間、3週間とあまり治る様子のない傷も、あるときから急速にふさがっていく時期が訪れるとホッとする。
縫わなくても痛みが少なく治りやすい傷を残す手術をするのも、技術のうちなのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • サシスセソ

    OK先生、上記の記事に関連しまして、私も、平成13年に先生に社会保険中央総合病院で手術していただき、大変御世話になりました。今でも、入院してから、退院する1週間程を鮮明に覚えています。「ほぼ日刊イトイ新聞-イナカモン外伝」で同じように、先生に御世話になった患者さんがいるんだと思うと、嬉しく思います。
    2007年10月19日 14:44
  • Dr.OK

    相変わらず手術後の傷を診察しながら、
    「早く治れー」
    と念じています. σ(^_^;)
    2007年10月19日 15:39

この記事へのトラックバック