息子はインドで考える

昨日、大学で哲学を学ぶ息子がインドに旅立った。
「春休みにちょっとインドへ行ってくるよ」
と話を聞いたのが一ヶ月くらい前。
「バイトでためたお金で、激安のチケットが買えるんだ。」

計画によると一ヵ月半くらい、インド各地をバックパッカーのように渡り歩くという。
国内旅行でも一人旅をしたことは無いのに、始めからインドとは恐れ入った。
男が自分で決めたこと、心配ではあるが辞めさせる術もない。
「かーかー(母親)が心配するから、メールは頻回に送ったほうがいいよ」
とアドバイスするのが精一杯であった。
3歳の頃、子供用の新幹線型のジェットコースターに乗せたら「かんしぇん(新幹線)怖い」といっていた息子からは想像もできない成長ぶり。
父親としては、心配半分、嬉しさ半分と言ったところである。

今頃、デリーの熱風とカレーの香りに浸って満足しているであろう。
ちなみに、息子は親に似ず色黒。彫りの深い『濃い顔』をしている。
カレーをこよなく愛し、味噌汁の代わりに1人カレーのレトルトパック(辛口)を取り出して食べるのが得意技。
家庭内では『インド系日本人』と呼ばれている。

搭乗したはずのエアインディア309便を調べたら、到着地はムンバイになっているではないか(゚_゚i)
いったい、どこへ行ったんだぁぁぁぁ。

この記事へのコメント

海苔PPP
2007年05月29日 16:19
エアインデア<この飛行機はサービスいまいちですねえ。

すみません、留学ではなく一人旅だったんですね息子さん。(オッチョコチョイなコメントしてしまいました)
ムンバイはあんまり治安と雰囲気が良いとは言えないところです。「確実にぼられそう」な感じがしますけどしかし、南インドは最高に治安良かったですよー息子さんも南インド行かれたのかしら?
ホントに、3食カリーですね、、、インドでは日本人ってアイドル状態になりますよー。お父さんも是非、一度旅に出かけてみてはどうでしょう?
でもなかなか、患者さんの予約ありすぎて旅行におでかけするヒマがないのかなあ、、、、?
2007年05月31日 15:54
インドでは一回も下痢をしなかった息子も、日本に帰ってから下痢でしばらく寝込んだようです。
最近では、はしかで休校になった事を利用して集中的に本を読んでいるそうですが、詳細不明。
まさに『ゆるやかな絆』状態です σ(^_^;)

この記事へのトラックバック