Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 尖圭コンジローマ

<<   作成日時 : 2006/12/16 12:49   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

若者がやってきた。
渋谷で見かけるような、いまどきのファッション。
Dr.OKの青春時代だったら、今では絶滅用語になった『ナウい』(^_^;)という呼ばれ方をされただろう。

問診表をながめてみると、出血、痛み、かゆみ、腫れ・・・
あらゆるところに○がついている。
「いったい、どうしたの?」
と尋ねてみると
「どれに当てはまるのか、よくわからなくて・・・・・
すみません、尖圭コンジローマみたいなんです」
と、消え入りそうな声で謝る。

「別に、病気なんだから謝る必要はないよ、それにそんなに深刻にならなくても治るから、いったいどうしたの?」
と今までの経過を尋ねてみた。
彼の訴えるところによると、前にかかった病院で「キタナイもの扱い」されたそうだ。
担当医から、いろいろと心にもない言葉を投げかられて、しょんぼりして帰ってきたとの事であった。
「僕、別に身に覚えないんです・・・」
と、ポツリポツリと訴える。

最近、尖圭コンジローマが性行為で感染する病気(STD:Sexually Transmitted Disease)として注目され、マスコミでも大きく取り扱われている影響であろうか、前述の医師は尖圭コンジローマ=STDと思われているふしがある。
ちょうど、日本大腸肛門病学会誌59巻10号に
「肛門科診療所におけるSTDの経験」
という医学論文が掲載されていた。
それによれば、『尖圭コンジローマの72.1%がSTDと判定され、以前より高頻度となっていた。』
との記載があり、確かに多くはなっているが27.9%は性行為とは関係なく発症しているとも考えられる。

「尖圭コンジローマといっても、性交渉でうつるものばかりじゃないから。それに、性交渉でうつったとしても、別に医者から非難されるような事じゃないよね。大丈夫、日帰りの簡単な手術で治りますから」
しょんぼりしている患者さんの心のケアをじっくりできるのも、医師としての生きがいである。
もちろん、病気の治療もキッチリする事は、いうまでも無い。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
尖圭コンジローマ Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる