Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 肛門科医はどこにいる

<<   作成日時 : 2006/11/20 18:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

全国(時に全世界)から送られてくる相談メールで困るのは、
「住まいの近くに、技術の確かな肛門科専門医はいないか?」
というもの。

全国に肛門科を標榜して活躍している医師は大勢いるものの、実際に個人的に診療技術の内容まで知っているところはほんの一握り。
とても全国(時に全世界)にいらっしゃる『名医』を、個人だけの情報で責任を持って提供する事はできない。
そこで、公開されている情報で少しでも客観的な指標はないかということで、日本で唯一、肛門病学の専門学会である、大腸肛門病学会専門医制度の登場ということになる。
この専門医制度は、大腸肛門病学会の会員年数が一定以上の医師が、手術や検査などの診療実績や学会発表、論文数などの審査を受けた後、専門医試験に合格して初めて得られる資格であるから、客観的基準として評価できるものであろう。

ただ、この専門医制度のわかりにくいところは、日本大腸肛門病学会専門医の資格が
内科・放射線科系   
外科系・大腸領域  
外科系・肛門領域 の三本立てになっているのだが、ずらっと並んでいる専門医が、どの資格で専門医となっているか判らないところにある。

そこで最近Dr.OKがメール相談で紹介しているのが、「内痔核治療研究会の会員紹介
内痔核治療研究会は痔を注射で治すジオンという薬を使うための講習会を行っている研究会で、痔の治療の実績のある医師から優先的に受講を許可し会員としているらしい。
内痔核治療研究会会員であれば、痔の専門医としてそのほかの痔の病気(裂肛や痔瘻など)の治療も行っているものと評価できる。
さらに便利な事に、会員の所属する医療機関も紹介されている。
受講資格の詳細は明らかではないが、「医者がお勧めする専門医」ということになるだろうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
専門医の探し方
「肛門科医はどこにいる」について 患者の立場からすると、どこに自分の悩む病気の専門医がいらっしゃるのか本当にわかりにくい世界です。 東京都の調査などによると、口コミが一番です。次が、医師の紹介により専門医を訪れるそうです。3番目がインターネットです。重複回答なので、インターネットを見て病院を選ぶ患者は56%を越えています。 ...続きを見る
クリニック 医院 開業コンサルタント 椎...
2006/11/23 00:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
肛門科医はどこにいる Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる