ジオン改め・・・

薬の名前に二種類あるのをご存知でしょうか。
たとえば『アスピリン』
これは、1897年にドイツ・バイエル社が合成に成功して以来、世界中で解熱鎮痛薬として使用されている薬の商品名である。

薬のもう一つの名前に、一般名というのがあって、学会の発表などではこちらを用いる。
アスピリンの一般名は、アセチルサリチル酸。
高校の化学でならったとき、
『汗散って熱下がる』
なんて覚えた記憶が. σ(^_^;)

このたびジオン注の講習会を行っている内痔核研究会で、
「商品名を学会発表の場などで連呼するのはいかがなものか」
という意見が出たか出ないか定かではないが、新しい呼び名が議論されたようだ。

アスピリンのような、単体の薬なら事は簡単だが、ジオンの場合は数種類の薬を混ぜ合わせた合剤である。
そこで主成分である
硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸
の英語表記
Aluminum Potassium Sulfate ・Tannic Acid
の一部分をいただき、決まった呼び名がなんと
ALTA

痔を注射で治して、いいかなぁ~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック