パーゴルフ

このところ、必ずかって読む雑誌がある。
『パーゴルフ』
超有名な、ゴルフ雑誌だ。

4月からクリニックの仕事になって以来、定期的にゴルフスクールに通えなくなってしまった。
毎朝の練習を続けるのはやぶさかではないが、さすがに朝7時からゴルフを教えてくれる先生はいない。
雑誌の記事を参考にしながら、悩み悩み練習するが、いっこうに問題点が解決しない。

そんな時、FAXが舞い込んできた。
パーゴルフの編集者が、記事を書きたいので面会したいとのこと。
Dr.OKのレベルでは、読者が登場してプロからアドバイスを受ける連載記事依頼のわけもなく、
「コースへ行く朝に快適に排便するには、どうしたらよいか」
という、まじめな医学記事。
こういう依頼ならお手の物。
それよりも、ゴルフ界に詳しい編集者と話ができる事が楽しみなので、即時快諾。
一昨日、1時間半にわたって、食習慣の問題から排便方法に及ぶまで知る限りの知識を動員してじっくりと話をする。

メインの話をした後の、雑談がまた楽しかった。
「そういえば、ゴルフ場のトイレって少なくないですか。僕なんかおしっこが近いので、気が気じゃないです。」
「いやぁ、コース上にトイレを増設するのって、水道や下水を長距離引かなくてはならないので、一箇所作るだけで一千万円以上かかるそうですよ」
「水分を控えてプレーして脳梗塞になる高齢ゴルファーが、今後増えるんじゃないの」
編集者に聞いたところ、コースでの立ちションは『黙認』だそうである。
「でも、テレビ中継されているプロゴルファーや女性ゴルファーは困るんじゃないかなぁ。」

何はともあれ、無事インタビューは終了し、本日原稿のチェックが届いた。
来週火曜日のパーゴルフ発売が待ち遠しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

makochi
2006年09月07日 00:24
私もここ半年ほど毎号買ってます。来週号が楽しみです。先生のおかげでお尻も治ったことですし、雑誌見るだけでなく、実戦にも復帰したいものです。
2006年09月07日 06:07
お尻も治って、スコアがアップすると良いですね
(^-^)
Ms.Golf
2006年09月08日 00:23
初めまして、やっとこのブログにたどり着きました。来週ジオン注射で入院予定です。もっと早くここにたどり着いていたらと残念です。また、時々お邪魔させていただきます。
2006年09月09日 05:03
お名前から察するに、ゴルフは相当されるものかと・・・。
ゴルフ談義もお願いしますm(_ _)m
makochi
2006年09月13日 23:36
Dr.OKの監修?なさった記事拝見しました。
ご自身でもゴルフをされるので、まさにゴルファーの心理をとらえた内容ですね。
自分のラウンド当日を思い出しました。
記事を参考に、今後は前日から余裕をもって臨みたいと思っています。
これで5打くらい勝手にスコアがよくなるといいのですが(^^)

この記事へのトラックバック