諦めることなく前進すれば

必ずゴールはやってくる。

先日、NHKニュースで報じられた佐渡島トライアスロンでのお話。
義足をつけて完走した、70歳台男性の言葉である。

義足にはめ込んだ脚の断端が痛むため、時々休んではマッサージを施す。
それでも、黙々と走り続ける男性から発せられるメッセージは、どれだけ周りの人を勇気づけた事だろう。

わずかな時間で報じられた映像に、拍手したいほどの感動を覚えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月20日 23:58
私も見ました。途中で見たので、走っている姿だったのですが、後からトライアスロンって聞いて、2度ビックリ!

まさに、人に夢と感動を与える姿でしたね。
2006年09月21日 13:04
ハンディキャップを負いながらも賢明に生きる人たちと、直接関わりあいになれる仕事である事は、シアワセな事だと思います。

この記事へのトラックバック