レッスン再開

夏の間中断していた、ゴルフレッスンを再開した。
今まで通っていたスクールで習っていた先生が辞めてしまったので、心機一転、職場から通いやすいところに変えた。

新しいスクールの売りは、「個性に合った指導をする」とのこと。
首に故障の出るDr.OKにとっては、これも考慮に入れてもらえることを期待して、体験レッスンを申し込んだ。

今までのスイングを撮影してもらった。
「ずいぶん、窮屈なスイングですね」
開口一番、意外な指導であった。
自分では、窮屈な姿勢になれることが上達の条件だと解釈していたのが、どうもそうではないらしい。

「頭をそんなに残さなくてもいいですよ」
これも、目からうろこである。
今まで、打った球の残像を見るように、顔は動かしてはいけないと理解していた。

「ヘッドアップとルックアップは違います」
頭の位置を変えないで、胴体の回転に伴って首を回すのは、何の問題も無いとのこと。
これで首に負担をかけないフォームを身につけられそうだ。

この記事へのコメント

2006年09月16日 18:19
さすがプロ!
専門家はやはり見るところが違うのですね。Dr.OKも専門家としてすぐに思い浮かぶことがイッパイあるのでは?私も、頭は動かしてはいけないものと思っておりました。遠くても、そこのスクール行って見ようかな。。。
2006年09月17日 06:05
指導方針をブログで公開しているところなんか、椎原さんのブログと同じスタンスですね。
ご興味ありましたら
http://www.kazugp.co.jp/
をご覧ください。
埼玉県下でも開校しています。

この記事へのトラックバック