★★ジオンニュース★★ ゴルファーに朗報!?

ジオン注射治療をして二週間目のOさん(58歳)
注射直後はちょっと腫れたが(臨床試験のデータでも2割に腫れがみられる)、それも一週間ほどでひき、今では痛くもなんともないとの事。
「注射翌日から、痔が出なかったのが嬉しかったですね」
と、嬉しそうに感想をおっしゃる。

「先生、もう運動してもいいですか?」
「どんな運動ですか」
「ゴルフです」

お話を聞くと、ラウンドの途中で痔核が出てきてしまう。
「ゴルフ場のトイレって、そんなに沢山ないでしょ」
シングル直前の腕前のOさん、Dr.OKと違ってゴルフ場を走り回るようなことはなく、ほとんどカートに乗っているのだが、それでも脱出した肛門のままでは集中できない。
トイレのあるホールまでが待ち遠しくて、3パットの連続になってしまうとのこと。
「急にスコアが崩れだした原因を悟られるんじゃないかと、冷や汗ものですよ」
ついつい、診察中にも関わらずゴルフ談義に熱が入る。

2週間前に注射した三ヶ所の内痔核は、固めのスポンジ程度に触れ、押さえても痛みは感じない。
肛門鏡で観察しても、表面のただれや出血もみられない。

「大丈夫、しっかりゴルフしてきてください」
「えっ、本当に大丈夫ですか。痔を気にせずにラウンドできるなんて何年ぶりだろう」
嬉しそうにズボンをはきながら、少年のような満面の笑みをたたえるOさん。
「これでシングルの壁を破れるかもしれませんね」
「頑張ります。先生も頑張ってください」
お互いの健闘を祈りながら終了した診察は、なんだか高原の青空のように爽やかだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

2006年08月10日 00:46
ゴルフの最中に痔のことを気にしないでラウンドできたら本当に嬉しいのでしょうね。ラウンド中にお腹が痛くなったことがあります。トイレまで後何ホ~ル~~。
そんな感じでは、ゴルフに集中できないし、楽しくも無いですよね。
私の場合、元々ゴルフの才能も無く、努力もしないダメゴルファーで、日本のコースの平和のためにほとんどプレイすることはありません。でも、痔になったら、コンサルティングの現場に出ていても、ここでトイレにいけるまで後、何分~。では、仕事にならないので、すぐ寄せていただきたいと思います。その時は優しくお願い申し上げます(^^)
2006年08月10日 04:43
ゴルフ場のトイレって、設置場所が少ないと思いませんか?
数年前、坂上二郎さんがゴルフ場で脳梗塞で倒れた時「プレイ中は水分を取らないようにしている」ということだったので、ひょっとしてトイレを心配しての結果ではなかったのかと思いました。

この記事へのトラックバック