TV格闘技観戦

リングドクターをやっているというと、熱烈な格闘技ファンかと思われる事が多いが、Dr.OKの場合意外とそうでもない。
今日も、偶然TVをつけたらやっていた。

TV画面を所狭しと動き回る選手の合間に写る、仲間のリングドクターを探すのに、どうしても気がいってしまう。
試合経過も気になるが、「今日は誰がリングドクターを勤めているか」が気になってしまう。

自分がリングドクターを勤める大会でも、以前は試合の内容が気になったが、今では怪我がなく無事に終わることの方が、自分の気持ちの中で占める割合が大きくなった。
その中でも、選手が思う存分戦える環境を整える事に興味の対象が移っている。

「大きな会場だと、1万歩は歩く」
という。
今日も一日ご苦労様でした。

この記事へのコメント

つん
2006年08月06日 01:56
最近、格闘技中継を見ると、OK先生みたいにドクターをチェックしちゃいます。あと、知り合いが客席にいないかを(笑)
2006年08月08日 05:41
まるで『ウォーリーを探せ』常態ですね。

この記事へのトラックバック