★★ジオンニュース★★ 一年後

ジオン注射後一年目の患者さんが診察にいらっしゃった。
注射後もメールをやり取りして親しくなり、マスコミのインタビューにも経験談を語っていただいたりしている。

今日も
「ちょうど一年になりましたので、診せにきました」
との事。
再発ではないのでホッとした。

「注射してから、それまで毎日使っていた座薬を一回も使っていません。」
痔の鬱陶しい症状から開放された患者さんの表情は明るい。
診察してみると、硬くなった痔核が肛門奥の壁に張り付いているような感覚である。
肛門鏡で、外に向かって押し出そうとしても、可動性はない。

痔核を取らずに痔核を治す、ジオンの本領を発揮できた症例だ。
その当時は、入院して腰椎麻酔で行っていたけど、今は日帰り。
「今まで使っていた座薬の代金を考えれば、1万円ちょっとで(患者さんは三割負担)治ってしまうのは、お得ですねー」
「再発したら、今度は日帰りジオンでちょいちょいと・・」
なんて冗談を言いながら診察した。

ただ、どんな治療だって副作用はある。
慎重にも慎重を重ねて、患者さんの満足度の高い治療を続けていこうと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック