名医の最新治療

某週刊誌からFAXが届いた。
『名医の最新治療』という特集増刊号を発行するにあたっての、広告掲載のお誘いである。

さまざまな病気の最新治療をそれぞれの専門化が解説し、実際にどこで治療が受けられるのかという、患者さんにとっては切実な情報を公開するという企画らしい。

わが肛門科はジオン注射療法が企画されている。
「手術をせずに痔を注射で治療」
「内痔核に対する大きな選択枝の一つに」
と、手術を避けていた患者さんにとっては、救いの手を差し伸べられたような魅力的な言葉が並ぶ。

今日もジオン治療を無事終えたDr.OKにとっても、正しい情報が広まるの喜ばしいに違いない。
ただ問題は、そこに広告を出すかどうかということ。
決して安いとはいえない広告料が、広告スペースの広さに応じて決まっている。

広告を出さないと
「毎日のようにジオン注射治療で成果をあげていても、名医に加えてもらえないのでは」
という錯覚に陥ってしまう。
「出すべきか、出さざるべきか、ザット イズ ザ クエスチョン」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック