嗚呼!かんちがい

いつものように朝シャワーを浴びようとして、蛇口をひねった。
数分待つうちに暖かいお湯が出るものと待っているのに、いっこうに暖かくならない。
コントロールボックスを見てみると、いつもなら点いているはずの点火マークが消えたままだ。

最近報道されている湯沸し器事件が頭をよぎった。
確か、安全装置が誤作動して元火が消えるのを、違法改造して事故が多発したと聞いている。

これは、きちんと解決しないと命が危ないと思って、すぐ業者さんに電話した。
業者さんも今回の事件で慎重になっているのか
「すぐに係りのものを派遣します」
という事で、1時間くらいで専門化が到着。

問題のシャワーを見てもらって、数分後
「蛇口の温度調節が、冷水になってます」
慌て者を披露してしまった. σ(^_^;)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック