コラム

新聞に掲載されるコラムの依頼が入った。
Dr.OKの治療した患者さんで
『もっと早く受診すればよかった』
と感想を言われた患者さんの実例をもとに、250字で作成するというもの。

場所が場所だけに悩みに悩んでから受診される患者さんは、枚挙に暇がない。
⇒一ヶ月前から、化膿していた肛門周囲膿瘍。
⇒5年間も我慢していた脱肛。

良性の病気なら、
「早く治療していれば楽だったのに、バカだよねー」
と笑い話ですむところだが
⇒10年間放置していて痔瘻癌になった複雑痔瘻
などという悲惨な症例も経験した事があるので、話題の選択は慎重になる。

また、特定の患者さんが
『これって、自分の事?』
と思われるのも、ちょっと問題がある。

夕飯を食べながら、ぼんやり眺めていた
『たけしの本当は怖い家庭の医学』
の、実録風再現ビデオが参考になった。
中心になる病気の経過をたどりながら、社会的背景を肉付けする。
社会的背景は、ちょっと珍しいけれど周りを探せば見つかる程度の特殊性が興味を引きそうだ。

医学コラムニストとしてのデビュー作となるか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック