Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 続:直腸鏡

<<   作成日時 : 2006/06/19 06:15   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

画像直腸鏡の価値をあまり認めない医師の考えの一つに、その検査体位が患者さんから嫌われ、ひいては来院する患者数が減ってしまうのではないかという懸念があるのも事実のようだ。
肛門を人に見せるということですら恥ずかしいのに、四つ這いになりおしりを高くする、いわゆる『ワンワンスタイル』。
そこへ金属の長い棒を挿入されるのだから、想像したら赤面しそうである。

しかし、この体位(膝胸位)をとることによって直腸に空気がたまり、まっすぐの筒である直腸鏡を安全かつ容易に深くまで挿入する事ができる。
直腸の形に沿ってなれた医師が取り扱えば、痛みは全くない。
局所が大きく露出しないように、バスタオルや穴あきのシーツをかけて検査を行う配慮も行なわれている。

そもそも、医療行為には痛みや恥ずかしさはつきものだ。
例えば心臓内科の医師が、胸の痛みを訴えてきた若い女性患者さんに、恥ずかしがるからといって下着ををつけたままで聴診をするであろうか。
患者さんが恥ずかしがるからといって重大な病気を見逃すかもれない危険を犯すのは、専門医としてあってはならないことだ。

もちろん、肛門から出血する患者さん全員に大腸内視鏡検査が行えれば、それはそれで理想だと思う。
ただ、時間がないとか、大量の下剤を飲むのが嫌だとか、様々な理由で大腸の検査を受けずにそのままになり、「発見された時には大きな直腸癌になっていた」なんてことは、それほど珍しい事ではない。

患者さんに充分に説明し検査の必要性を理解してもらって、恥ずかしかったり苦痛を伴う検査を行うのが医師の務めだと思う。
もちろん、説明を聞いても納得しない人まで強制的に検査する事はできない。
「それはその人なりの人生観なのだ」
と、これも大切にしなくてはいけない、患者さんの権利だとも思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
患者様の安心の為に
「続:直腸鏡」について これこそ、Dr.OKのもっとも得意とされるインターネットで診療の手順と検査時の配慮を説明されれば、癌にならずに、安心して治療方針の固まる患者様の多いこと確約です。 ...続きを見る
クリニック開業コンサルタント 椎原正
2006/06/19 23:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
四つんばいは恥ずかしい恰好ですが、検査の必要性や器具の特性と一緒に「その体位が一番確実に観察できるし、痛みも無くて安全なんですよ」の言葉があれば納得できるし、内視鏡よりも面倒がないし、その場で診てもらえるなら、肛門鏡の方が断然いいです。不安が早く取り除けるのも嬉しいです。

もし来院する患者数が減ったとしたら、検査体位が嫌われたのではなく、説明が不十分なお医者さんが嫌われたのだと思います。
私は20代なかばですが童顔なので、年齢より若く見られがちなんですが、「この人は若いから恥ずかしいだろう」って勝手に思われて別の検査に変えられたり、した方が良い検査を省く先生もいるんでしょうか。それは凄いありがた迷惑なので、やめてほしいと思いました。充分な説明をしてくれる腕のいいお医者さんが一番いいです。
みほ
2006/06/19 22:49
上のコメントを一部訂正します。
上から5行目の「肛門鏡」は「直腸鏡」の間違いです。ごめんなさい。
みほ
2006/06/20 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
続:直腸鏡 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる