上達したければ

先日、ゴルフ関係のブログをながめていたら『技術を保ちたければ週一回の練習、上達したければ毎日練習』という一文が目に飛び込んできた。
『我が意を得たり』と思わずひざをたたいたら、故狐狸庵先生みたい(^_^;)

Dr.OKが始めて大腸内視鏡を手にした15年以上昔の事。
毎日内視鏡室に行く事が苦痛だった。
その頃の内視鏡室には、先輩の先生が数人つめていて、一日5~6人程度の患者さんを余裕を持って検査していた。
Dr.OKは先に行ってカルテを調べる。
以前にも内視鏡検査をやっていて、内視鏡挿入が簡単そうな患者さんを選んで先輩登場を待っている。

先輩が登場したら、
「先に5分だけお願いします」
と了解を得て、検査を始める。
タイマーをセットして始めているが、時間を見る余裕はない。
頃合を見計らって、先輩が肩をたたく。
「ハイ、交代!」

直腸と言っても真っ直ぐではない。
内視鏡の先端が、縦横のレバーでどのくらい動いているかの感覚がつかめていないので、直腸をスムースに通過する事ができない。
直腸鏡という、金属製の筒を使っての検査なら1分で到達するところが、5分たっても到達できない。
「僕の内視鏡は、直腸鏡以下です」
ちょっと自虐的な冗談を飛ばす。

そんな過去のつらい経験も、今では笑い話。
一時間4人のペース検査が組まれていても大丈夫。
何事も、忍耐と継続あるのみです。

それにしても、球が飛ばない・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「上達したければ」について

    Excerpt: 「上達したければ」について プロの世界はどこでも同じですね。私が、20数年前に金融の自由化の中で世界レベルで勝ち残れる世界を夢に描いて銀行に就職しました。 Weblog: クリニック開業コンサルタント 椎原正 racked: 2006-04-25 00:56