ガーゼ折り

5月1日のアイビークリニック開業に備え、準備期間を一ヶ月取った。
4月12日にようやく内装工事終了。
19日に機械類の搬送が始まる。

既に半月、母体病院である寺田病院で居候の生活をしている。
一日の仕事は、内視鏡5件、診察10人程度で、今までのモーレツイソガシ生活と比べると楽勝!(^-^)
でも、ぼんやりと時間が過ぎるのを待っているのも苦痛なので、最近凝っているのがガーゼ折り。
一枚の20センチ四方くらいのガーゼを、用途別にたたむ作業である。

肛門診察の時におしりに当てたり、内視鏡を持つ時に添える8つ折りガーゼは、3回たたんで長方形にするだけで簡単である。
ちょっと技術を要するのは、手術のときに術野をぬぐうためのガーゼ。
斜めに4回折って、十文字のような形にする。
そのままで丸めて使えるし、ガーゼの角を引っ張ると一本の紐のようにして使う事もできる。

今まで、贅沢に使っていたガーゼも、折りたたむ手間を考えると、今後は節約しようかと思う。
何事も経験です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック